今回の記事は" 春日八郎 "さんの記事です
そうです、演歌歌手で有名な" 春日八郎 "さんの記事です
hqdefaulthqdefault1
右の写真じゃなくて( これはこれで当時ウケた )左ですよ

春日八郎( 本名:渡辺 実 1924年10月9日-1991年10月22日 )は
福島県河沼郡会津坂下町塔寺出身の演歌歌手です
" 赤いランプの終列車 " " お富さん " " 別れの一本杉 "などなどが有名

実家は麺類製造業、浅草でクラシックの正統派" 藤山一郎 "の
ステージを見て歌手に憧れたそうです
旧制会津中学校を中退し、エンジニアを志して13歳で上京
しかし、歌手の夢を捨てきれずに東洋音楽学校へ入学
hqdefault2
卒業後は、会津若松陸軍第29連隊に入隊し、終戦後台湾より復員
その後は、ムーラン・ルージュ新宿座に入団し、" 渡辺勇助 "の
名で本格的に歌手活動を開始、初めからヒットに恵まれる
はずもなく、苦しい時代を過ごしたそうです
退団後の1948年、キングレコードの第1回歌謡コンクールに
合格し" 歌川 俊 "の名で準専属歌手となります

準専属の歌手は無給だったため、先輩歌手・三門順子の
前座で歌ったり、新人の登竜門といわれた新宿の「 聚楽 」で
仕事をしたりという生活であったが、それでも赤貧を洗う
生活だったため、ついには進駐軍のPX商品を歌謡関係者に
売る" 闇商売 "に手を出していたこともあったそうです
Kasuga_Hachiro
そんな下積みが3年続き、同じく準専属であった妻・恵子に
紹介してもらった" 作曲家・江口夜詩 "の家に毎日のように通い
掃除をしたり肩を揉んだりしながら曲を作ってもらえるように願い続けたそうで

江口に「 低音が出ないし、声が細い 」と指摘されると、河原に出て
土砂降りの中で発声練習をしたりと必死の努力が実り
ようやく新曲" 赤いランプの終電車 "を作曲してもらうことになった

" 赤いランプの終列車 "を吹き込んだ春日八郎だったが
当時、無名の自分が売れるわけないと、ヒットしなかった場合を想定して
新聞社に入ろうと履歴書まで書いていたといいます
曲が作られて1年後の1952年に" 赤いランプの終列車 "は
発売され、50万枚の大ヒットとなる
このことによって活動の場が広がる

1954年に歌舞伎の" 与話情浮名横櫛 "に登場する" お富 "と
" 切られの与三郎 "の掛け合いを歌にした" お富さん "
( 発売3か月で30万枚、最終的には125万枚を売り上げる大ヒット )
同年末の第5回紅白歌合戦に初出場を果たしました

バリバリの演歌、久しぶりに聴いた

また、1955年には" 別れの一本杉 "
( 60万枚の大ヒット、まだ売り出し中の" 船村 徹 "を有名に )と
それまでの流行歌とは質の異なる" 望郷歌謡 "を
立て続けにヒットさせ、流行歌の衰退期において
" 演歌 "という新天地を築きました
1967年には個人事務所として" 春日プロモーション "
( 現・春日プロ )を創立しました

春日八郎の直後に同じキングレコードから三橋美智也、更には
三波春夫、村田英雄、島倉千恵子らが登場
美空ひばりも演歌を歌い出し、後に演歌の女王と称される
1960年代には北島三郎、都はるみ等が台頭し、演歌の全盛期を迎える
このような演歌台頭の流れから、春日八郎を演歌歌手の
第一人者とみる向きが多いそうです
音楽ジャンルとして演歌が定着すると、長年にわたり演歌界をリードした

なお、春日八郎の代表作の一つ" お富さん "は、1977年11月に
エボニー・ウェップによって" ディスコお富さん "として
カヴァーされてリバイバルヒットし、発売2週間で20万枚を売り上げた

制作を担当した河野次郎は、歌詞を覚えてもらうのに一苦労したとのこと
" ディスコお富さん "発売1か月後に、20万枚突破記念パーティが開かれ
作曲の渡久地政信、春日八郎本人も出席しディスコを踊ったとか
渡久地政信は「こんな再生の仕方もあるんだね 」と感心していた

晩年の1988年には静岡県熱海にて親交の深かった三橋美智也
村田英雄らと共に" 三人の会 "を結成、3人揃ってのチャリティコンサートを
開催するなど、低迷した演歌の活性化に力を注いでいました
だが、この頃になると体調を崩しがちとなり、段々と体が細くなっていく
春日八郎の兆候が見られてきた

それでも『 昭和 』から『 平成 』に元号が変わった1989年末には
第40回NHK紅白歌合戦(第1部)に1978年・第29回以来、" お富さん "で
11年ぶり21回目の紅白出場を果たしたが、これが自身生涯最後の
紅白出場となった
さらに1990年頃、清水アキラが顔中に沢山のセロハンテープを
貼り付けて、春日八郎の" ものまね "を披露したことでも話題になる
" ものまね珍坊 "で清水アキラと共演した際、春日八郎は
「 俺ってこんな顔してるのか? 」
と苦笑いしながら感想を述べていたそうです

このテープ芸、セロハンテープもこんな使われ方するとは・・・

1991年6月、左大腿部腫瘍の摘出手術のため入院
" 三人の会 "のコンサート等に出演出来ず、三橋美智也、村田英雄に
対して病床からメッセージを送ったこともあった
一旦は退院、同年9月6日に中野サンプラザでのキングレコード
60周年コンサートに出演したが、これが生涯最後のステージとなった

❆ 会津坂下町との関係 ❆
故郷である会津坂下町への思いも強く、幼少期に通った
町立八幡小学校にピアノを寄贈し校歌を作曲、町立第二中学校の
校歌、応援歌も作曲したそうです
また" 会津坂下町民歌 " " 会津坂下音頭 "を作曲し自ら歌い
レコーディングするなど町の発展に尽くしました

会津坂下町も春日八郎の功績をたたえ、同町の船杉地区
( 一本杉と地蔵が実在する )に" 春日八郎記念公園・おもいで館 "を建設
遺品の展示コーナーやカラオケコーナーがあり、春日八郎の
作品の品揃えも日本一になっています
また、2003年には会津坂下駅前の広場に銅像を建立し
さらに2007年10月13日には" 赤いランプの終列車 "の
歌碑も建立されました
800px-Statue_of_Kasuga_Hachiro