Fukushima Circulation

~ 福島県を巡って ~

安積開拓

安積開拓に生きた人々( 久米正雄と宮本百合子 )

安積開拓が育んだ二人の作家
久米正雄と宮本百合子

久米正雄と宮本百合子は、祖父の縁もあり幼少のころから顔見知りでした

無題-crop
久米正雄は、明治24年に長野県で生まれましたが、父親が亡くなり
立岩一郎( 中条正恒が最も信頼して人物 )の娘であった母親の
実家である郡山の桑野村開成山に移り住みました
開成小学校、金透高等小学校、安積中学校(現・安積高等学校 )で
学んだ久米正雄は、安積中学のころから俳句に親しみ、久米三汀
( さんてい )として頭角を現しました

そして東京大学に進み、菊池 寛や芥川龍之介らと出会い、作家として
小説・戯曲の分野でも一流となりました
久米正雄の初期の作品には郡山を題材にしたものが多く" 牛乳屋の
兄弟 "は安積開拓の中心地であった開成山の牧場をモデルに描いた
社会劇で、ほかにも" 三浦製紙工場主 " " 阿武隈心中 などがあり
郡山の近代化の様相と人々の姿を描いています
1954
δ 久米正雄の句碑( 開成山公園内 )δ

無題1-crop
宮本百合子は、明治32年に東京で中篠正恒の長男・精一郎の長女と
して生まれました
中条正恒は村人の懇情により明治30年に桑野村に帰り住みましたが
( このとき立岩一郎が村長 )、その3年後、59歳で亡くなりました

宮本百合子は、夏休みに祖母の住む開成山に度々遊びに来ていて
開拓村の小作人の貧しい生活ぶりを目の当たりにしました
裕福な家庭で育った宮本百合子は、貧富の差があまりに大きいのに
驚き、彼女の清純な心で開拓農家の貧しい生活をありのまま
克明に描いたのが、デビュー作" 貧しき人々の群 "です
ほかにも、開成山を舞台とした小説に" 伸子 " " 播州平野 "
などがあります
yuriko_bungakuhi
宮本百合子の文学碑( 開成山公園内 )

もしよかったら読んでみてもらっては・・・
それにしても、久米正雄って頭良かったんだなぁ_(;゚Д゚)
開成小学校と金透小学校は、今もちゃんとした小学校ですし
開成山に牧場・・・初めて知りました_(-_-;)

では、この辺で・・・

安積開拓に生きた人々(ファン・ドールンと小林久敬)

随分とお久しぶりの" 安積開拓 "の記事になります
もともと、この" 福島 "のブログを始めたきっかけがこの" 安積開拓 "で
去年、日本遺産に認定されています

突然" 安積開拓に・・・ "なんで戸惑う方もいると思いますが、サイドバーに
過去記事のリンクを作りましたので興味のある方は、覗いてくださいな
簡単に説明すると、echoesの住んでいる" 郡山市 "は
こんな風に開拓されて発展しましたという内容です( 田舎ですけどね

興味ない方はスルーで構いませんよー" ファン・ドールン "とかから
スタートなので・・・( 時間置き過ぎたわ・・・


ファン・ドールンは、オランダの技術者で、明治5年に来日し土木寮の
長工師として最高位の職にあった人物です
明治政府は、安積疎水のコースとして" 沼上峠案 "をファン・ドールンに
検討させました
無題-crop
コルネリス・ヨハネス・ファン・ドールン

明治11年11月、沼上峠のコースを調査したファン・ドールンは、沼上峠の
コースを" 天を与えるところ "と高く評価し、湖水( 猪苗代湖 )の水位を
変更することなく、安積地方に水を引くことができることを学術的
計算から立証しました
これによって、政府は疎水のコースを沼上峠と決定しました
square
戸の口十六橋の畔で猪苗代湖を見下ろし、はるか安積平野までも
見いつめているかのように佇むファン・ドールンの像

一方で、猪苗代湖から水を引くことは、地元の人々の間でも前々から
考えられていました
なかでも、小林久敬は幕末から疎水開削を提唱し、自ら測量するなど
全財産を投じて" 斉木峠案 "を主張し、沼上峠コースが決定すると
これに反対し、東京にまで移り住んでまで政府に陳情などをしました
無題1-crop
猪苗代湖の疎水に生涯をかけた" 小林久敬 "

全財産を投じ、無一文になっても猪苗代湖からの疎水に生涯をかけた
小林久敬は、疎水完成を目の当たりにし" あらたのし 田毎にうつる
つきの影 "という感慨の句を残しました
この句碑は郡山市の荒池公園の畔の愛宕神社に今も残っています
201208
郡山市の荒池公園南側にある小林久敬の顕彰碑と句碑

明治政府による国営事業の第1号

前回" 中条正恒と開成社の設立 "の続きです

明治になり、旧武士たちは士族と呼ばれていたものの
生活は困窮を極めていました
士族の生活の窮迫と新時代の不平から、西国では反乱が
相次ぎ士族の救済は急務となっていました

大久保利通をはじめ、ときの政府要人たちは、世界との差を
実感し国の未来には" 殖産興業★ "と" 士族授産★ "が
必要不可欠と考え産業を興し、士族救済の政策を
実施してきました

そのような折、明治9年の明治天皇の東北巡幸に先じて
下検分に福島・郡山を訪れた大久保利通に中条正恒が
福島県と開成社による大槻原開拓事業の成功、そして
国営安積開拓の必要性を力説しました

その熱意を受けた明治政府は、安積開拓と猪苗代湖から
水を引く安積疎水事業に乗り出しました
無題
これでは見ずらいので
201409091602039da
こっちのほうが分かりやすいですかねぇ

政府が本格的に士族移住に取り組むのは明治11年からで
福島県内では二本松・棚倉・会津、県外では九州の久留米
四国の高知・松山、中国の鳥取・岡山、そして東北の米沢の
9藩の士族など、全国から約500戸、2000人あまりの人が
移住してきました

★ 殖産興業
明治政府が西洋諸国に対抗し、産業や資本主義の育成により
国家の近代化を推進した、さまざまな政策を言います

★ 士族授産
職を失った士族の救済のためにとられた明治政府による
一連の政策を言います
農・工・商業への転職の推進
官有林や荒地の払い下げなど

HOME

中条正恒と開成社の設立

安積開拓、今回の記事は前回以上に知っている人は
知っている記事です・・・
" 興味のある方は "で構いませんので、もし良かったら
眺めてみてください

中条正恒らは、旧二本松藩士の移住や安積郡の農民への
呼びかけだけでは、とても目標を達成できないため
民間参加による開拓を同時進行の形で進めました

これは、江戸時代後期から宿場町として栄えた郡山宿の
富裕な商人の出資による開拓会社を組織し、多くの
開拓者移住を募集するというものでした

中条正恒は、郡山の商人を集め開墾を力説しましたが
商人たちは開拓事業については全くの未経験であり
" 商売以外手を出すな "という家訓があったこともあり
開拓事業には乗り気ではありませんでした
無題
中条正恒と富商との会談図

それでも中条正恒は、地元の富商らと会談し
「 それぞれ富豪といっても村のため、国のため尽くすことがなければ
守銭奴と侮辱されることを免れることはできない 」と開拓の
必要性を説きました

この中条正恒の情熱に心を動かされた阿部茂兵衛など
25名の富商によって結成されたのが、安積開拓成功の
カギとなった" 開成社 "です
無題2
開成社の社長として資材を尽くし、開拓に尽力した
" 阿部茂兵衛 "
無題1
開成社 社員25名

HOME

大槻原(開成山一帯)の開拓

知らない方は" 何この記事 "とお思いでしょうが福島県が
世界遺産に認定された安積開拓を記事にしています
興味のある方は是非見てってください
( 本当に知っている人は知っている記事です )

明治政府の開拓が決まる前、地元( 郡山市 )では
福島県と開成社による開成山一帯の開拓が進められ
これが後の" 国営安積開拓 "へとつながりました
言い換えると、福島県と開成社による大槻原開拓が
なければ、国営安積開拓は実現しなかったといえます
無題1
開拓当時の絵図
上:上ノ池( 現在の郡山市のシンボル" 開成山公園 " )
中:開成沼( 現・開成山球場と陸上競技場 )
下:下ノ池( 現・水道局(豊田浄水場)現存しています )

この大槻原開拓は明治5年、安場 保和が県令(現在の知事)
として福島県に赴任した時から始まります
安場 保和は、旧米沢藩士の中条 正恒を県の典事(課長職)に
任命し安積開拓のすべてを任せました

そして、士族授産を第一の目的にしたこの事業は
中条 正恒ら県官の努力のもと大槻原一角への
旧二本松藩士族の移住から始まりました
旧二本松藩士族が入植したのは、後の桑野村で
明治6年に移住した士族は19戸

当時は富田村や大槻村の古村に仮住まいしながら
開拓地へ通って開墾を行い、よく明治7年に南町の
開拓道路( 現在の安積高校通り )の両側に住宅が建てられ
そこへ移り住むようになりました
その後明治7年から明治13年までに9戸が入植し
全戸数8戸が開拓に従事しました
無題2
桑野村の入植図
❆ 現在の開誠館周辺の入植の様子 ❆

ここはちょっと詳しいので
中央部の五十鈴湖⇨開成山公園
縦に走る開拓道路⇨国道49号線
横に走る開拓道路⇨安校通り
" 文 "小学校⇨開成小学校
" 文 "⇨安積高等学校
" 卍 "⇨道因寺(echoesのお寺)
開成山大神宮:現在も一緒






他方、開成社は開墾地を耕作させるため、明治7年
桑野村北町に61戸の小作人家屋を建て
明治11年までにさらに41戸が増え全戸数が102戸となりました

かつて不毛の原野だった一帯は、次第に
その姿を変えていきました

HOME
Rakuten