Fukushima Circulation

~ 福島県を巡って ~

安積開拓・安積疏水

安積開拓~郡山発展の礎~

前記事" 安積開拓に懸けた先人たちの夢 "と被る部分もあるんですが
安積開拓をもうちょっと詳しく紹介してみようかと
安積疎水もちょっと出てきますが、安積疎水は別途詳しく
800px-KoriyamaCity
明治初期、戊辰戦争に敗れ賊軍の汚名をこうむった東北地方は
" 白河から北は一山百文★の価値しかない "とさげすまれていました

明治新政府が東北地方の開発を直接国の費用で実施するように
なるのは明治10年ごろからで、その第1号としてこの
" 安積の大地 "が選ばれました

これが世にいう" 安積開拓 "です

水の便が悪かったこの地で、大規模な開拓を行うために
猪苗代湖の水を安積の大地に引いた国営による安積疎水の
開削事業が行われました

安積疎水の開削が国営で行われることが約束されると
9藩( 久留米・鳥取・岡山・松山・土佐・米沢・二本松・会津・棚倉 )の
士族など、全国各地から約500戸・2,000人あまりの
人々が安積郡の諸原野に移住し、この原野を切り開きました

そして、これらの事業により現在の郡山発展( 安積郡全域 )の
基盤が築かれることになりました
5_102_Rkaiseikan_1
写真左:安積開拓当時の開拓地の様子
                         ( 奥の建物が開拓の中心となった開誠館 )
写真右:安積開拓の歴史を今に伝える現在の開成館

HOME

安積開拓に懸けた先人たちの夢 3

この「 安積開拓に懸けた先人たちの夢 」は
今回で終了にします

❆ 国を動かした地元の想い ❆
郡山に転機が訪れたのが明治9年
この年、明治天皇の東北巡幸に先んじ下検分のため時の
実力者であった内務卿の" 大久保利通 "が福島を訪れました
これを絶好の機会ととらえ中条 正恒は福島の大久保利通の
宿舎を訪ねます

ここで中条 正恒は県の事業として開拓が立派にできたこと
さらに安積野全域に開拓を拡大するために猪苗代湖の水を
この地域に引くことを国費でやってもらいたいと強く要望しました

もともと殖産興産と士族授産が持論の大久保利通と中条 正恒の
考えは一致し、この出会いが国営安積開拓と疎水開削のスタートとなりました

❆ 大久保利通の遺言と安積開拓 ❆
大久保利通の後ろ盾により明治11年3月、国営開拓第1号事業として
国で「 安積開拓 」の予算が計上されました

しかし2か月後の5月、大久保利通は暗殺により突如この世を去ります
この日の朝、生前の大久保利通が最後に会っていたのが
大久保邸を訪れていた当時の福島県令の山吉 盛典でした
この会談で山吉 盛典は安積開拓が正式に実施されるのを知り
それまでは安積開拓に乗り気でなかった山吉 盛典でしたが
この会見を記した「 済世遺言 」に大久保利通の遺言として
安積疎水開削の効用を記し、関係閣僚に送りました
大久保利通の死後、政府の安積開拓の関心は薄れていましたが
中条 正恒の熱意により次の内務卿・伊藤博文らに受継がれました

そして明治12年、オランダ人技術師ファン・ドールンの調査結果に基づき
安積疎水開削を最終的に意思決定したのです
5_101
夢がかなわなかった" 大久保利通 "
p-014
オランダ人技術師" ファン・ドールン "

続きを読む

安積開拓に懸けた先人たちの夢 2

福島県郡山市の開拓を紹介しますが、位置関係を少々
無題
福島県郡山市" "のところですが以前は" 安積の大地 "と呼ばれて
いたんですが、荒れ放題の大地を開墾したのが" 安積開拓 "になります
もう一つは、郡山市の左隣にある猪苗代湖" "から郡山市に
水を引くという難関事業" 安積疎水開削 "をご紹介しています

❄ 安積開拓の始まり ❄
大槻原開拓には、明治5年安場 保和(やすばやすかず)が県令
(現・知事相当職)として福島県に赴任した時から始まります

前年、安場 保和は大倉 具視・大久保 利通・木戸 孝允・伊藤 博文らと
アメリカに渡り広大な開拓を目の当たりにしました
それを見た安場 保和は県の典事(課長職)の中条 正恒を任命し
安積開拓のすべてを任せます

北海道開拓を夢見ていた中条 正恒は、なしえなかった北海道開拓に
描いていた夢を大槻原におきかえて、この開拓に情熱を注ぎ込みました

まず中条 正恒は安場 保和とともに旧二本松藩士族に
移住を勧めました
そしてこれに応じた二本松士族が大槻原の一角に移住したところから
壮大な開拓事業の第一歩が踏み出されました

しかし、二本松士族の移住や農民の呼びかけだけでは、目的を
達成できず中条 正恒らは民間参加による開拓も同時に進めます
それは江戸時代後期から宿場町と栄えていた郡山宿の富裕商人の
出資による開拓会社を組織し、多くの移住者を募集するものでした

安場 保和・中条 正恒が理想を高く掲げて開拓に尽力しても
商人には「 商売以外手を出すな 」という家訓があり
開拓に乗り気ではありませんでした

それでも中条 正恒は
" 明富豪ナリト雖モ邑ノ為国ノ為尽スナクンバ守銭奴ノ侮辱免ルベカラズ "
(名富豪なりと云えども村のため、国のために尽くさないとケチの侮辱は免れない)
と国づくりや町づくりは、今日の日本に必要なことであり
将来は必ず報われると根気強く説き続けました

そして明治6年、中条 正恒の情熱に心を動かされた
阿部 茂兵衛ら25人の富商が" 開成社 "を結成し
福島県と開成社の共同による" 安積開拓 "が始まりました

2_212
安積開拓を決定した" 安場 保和 "
3_152
安積開拓に情熱を注いだ" 中条 正恒 "
無題
開成社社員 25名
( 前列右から5人目が" 阿部 茂兵衛 " )

HOME

安積開拓に懸けた先人たちの夢

福島県郡山市の安積開拓を記事にしていきます
いっぺんに、ご紹介することは無理なので
何回かに分けてご紹介していきます

福島県郡山市、echoesの生まれ育った街で現在も住んでいます
今では、大きな発展をし福島県でも代表的な街になっていますが
その発展の基になったのがこの" 安積開拓 "です
この" 安積開拓 "がなかったら、近代化はを遅れ取って
今のような発展には繋がらなかったといっても過言ではないです
そんな" 安積開拓 "がどのようにして行われたかご紹介していきます
無題
郡山市市街地

❆ 先人たちが遺してくれたもの ❆
< 一尺を開けば一尺の仕合わせあり 一寸を懇すれば一寸の幸あり >
明治初期に撮影された一枚の写真
1_344
写真の中で凛とした姿で開成沼(現・開成山陸上競技場、開成山野球場)の
畔にたたずむ一人の男性

この先人は、このとき何を想いそしてどんな未来を
夢見ていたのでしょう

平成19年で安積開拓が国営事業となり、第1陣として
旧久留米藩士族が入植して130年になります

先人たちが遺してくれたこの大地
先人たちの偉業に思いを駆せる

< 郡山の発展の礎となった安積開拓 >
明治初期、戊辰戦争に敗れ賊軍の汚名を被った東北地方は
「 白河以北一山百文 」とさげすまれました
明治政府が東北地方の開発を直接国費で実施しるようになるのは
明治10年ごろからで、その第1号としてこの" 安積の大地 "が選ばれました

これが世にいう" 安積開拓 "です

この事業が郡山の発展の" 礎 "が築かれたのです
この政府による施策が決まる前から地元では福島県と開成社による
大槻原(現・開誠館周辺地区)の開拓が進められました

第1回目は、このくらいで
次回は、開拓に始まりをご紹介します
また、後に出てくる" 安積疏水 "が大きなポイントになってきます
そして、この" 安積疎水開削 "が今年日本遺産に指定されました

HOME
Twitter
Google+
Blog Ranking
Blog Mura