Fukushima Circulation

~ 福島県を巡って ~

地域

開成山大神宮

" 開成山大神宮 "はechoesの地元「 郡山市 」にある神社です
伊勢神宮の分霊が奉納されているため
" 東北のお伊勢さま "とも呼ばれています
main
拝殿にある信号は" 有栖川宮 熾仁親王
( ありすがわのみや たるひとしんのう ) "による書

安積開拓の開拓民の精神的なよりどころにするため、福島県の
典事の中条正恒が伊勢神宮の分霊の奉遷を神宮司庁へ
働きかけた結果、1876年(明治9年)に認可がおりて創建
1873年(明治6年)当初は" 遥拝所 "として計画され、翌1874年
(明治7年)10月までに本殿と拝殿が竣工されました

1875年(明治8年)12月3日、中条正恒は地元から挙がってきた
伊勢皇大新宮の御霊代を奉祭する神社建設の願書を
教部大輔宛てに送付したが、教部省は神宮司庁へ
認可を求めるように通達しました
東京や横浜でさえ遥拝所であり、許可が容易に得られないと
考えた中条正恒は旧知の仲であった大教正・西涼寺雪辰に
働きかけてもらい、神宮司庁から許可を得ました

こうして1876年(明治9年)1月29日に太制大臣が許可し
8月4日に" 開成山大神宮 "の名称が決定しました
地元では" 岩代大神宮 "を希望したが「 伊勢神宮 」と
同じように旧国名を冠することに政府が難色を示したため
" 開成山大神宮 "となりました

猪苗代湖から導水した" 安積疎水 "の起業式は1879年(明治12年)
12月27日に挙行、通水式は1882年(明治15年)10月1日に
岩倉具視右大臣ほか要人を招いて開成山大神宮で
執り行われました
1975年(昭和50年)には御分霊奉遷100年を奉祝して
伊勢神宮より遷宮の際の御用材の撤下を受けて
現在の本殿が造営されました

❄ 境 内 ❄
本殿 - 天照大御神、豊受大神、神倭伊波禮彦命を祀る
桑野宮 - 1875年(明治8年)に造営された旧本殿で三神の荒魂を祀る
宝物殿 - 神宝の太刀「 勝光 」、槍「 国綱 」などを展示
稲荷神社 - 農業、商業、興業や開運の守り神として倉稲魂神を祀る
無題無題1
無題3

おわりに
今年のブログの更新はこれまでになります
当ブログ、また趣味などを記事にしている
" WISH YOU WERE HERE~日常の出来事~ "と
おいでいただいてありがとうございます

つたないブログではありますが、よろしければ
来年もよろしくお願いいたします

それでは、よいお年を!

HOME

福島の方言(岩城弁編)

かたい記事ばかり載せていたので恒例の方言記事で

浜通り方言は、福島県浜通りで使用されている方言です
東北方言( 南奥羽方言 )の一種になります
大別すると" 岩城弁 "と" 相馬弁 "の2つに分けられています
岩城弁と相馬弁の境は夜ノ森が境のようです
( 岩城氏領と相馬氏領の境 )

前と同じで
:echoesが知っている方言
:echoesが使っている方言
それでは、行ってみましょうか( 汚い表現もありますがご了承を )

あげる ⇨ 吐く ( ゲ、いきなりでゴメンナサイ・・・ )
頭切る ⇨ 髪の毛を切る
あっぱとっぱ ⇨ あわてる様子、あたふた
あっぽ ⇨ う〇ち
あっぽくみ ⇨ バキュームカー、またはその作業
あらいーごど ⇨ うらやましがるときに使う( ご婦人用語 )
あらげる ⇨ 片づける
あんにゃ ⇨ お兄さん
いいくれかんくれ ⇨ いい加減
いいやんばい ⇨ いい具合、良い塩梅
いぎなし ⇨ いきなり
いごぐ ⇨ 動く
いじりこんにゃく ⇨ 触りまくること
いせばる ⇨ 威張る
いだましー ⇨ もったいない
いぢやける ⇨ 腹が立つ
いっきゃう ⇨ 偶然出会うこと
いっしゃ ⇨ おまえ
行ってみる ⇨ 帰る
いわぐ ⇨ 結ぶ
うすらがすら ⇨ ウロウロ
うっちゃる ⇨ 放っておく
うるがす ⇨ 水に浸す
うんと ⇨ いっぱい
えんと ⇨ 座ること
おーやだごど ⇨ あらいやだわー( ご婦人用語 )
おしめり ⇨ 雨降り
おっきょる ⇨ 折る
おっくりがえす ⇨ 掘り返す、ひっくり返す
おっこむ ⇨ 屋内に取り込む
おっこる ⇨ 落ちる
おっちめる ⇨ 押し込む
おっとばす ⇨ 突き飛ばす
おつよ ⇨ おつゆ、汁
おっぱす ⇨ 強く押す
おばんかたぁ ⇨ こんばんは
おもしぇー ⇨ おもしろい
おもしゃぐね ⇨ 面白くない、つまらない
おんまげる ⇨ ぶちまける
かいこ ⇨ 貝
がおる ⇨ 弱る
がぎめら ⇨ 子供たち
かして ⇨ どけて、どいて
かたっぽ ⇨ 片一方
かつけ ⇨ ~(誰々の)せいで
かっちゃぐ ⇨ 引っ掻く
かっぱらい ⇨ 泥棒
かっぽる ⇨ 放り投げる
かぴかぴ ⇨ 乾燥している様子
かむ ⇨ 匂いを嗅ぐ
からまり ⇨ ~頃
がんだ飯 ⇨ 芯が残っているご飯
かんまう ⇨ 構う、関わる
かんまがす ⇨ かき混ぜる
ぎっちょ ⇨ 左利き
くさっぽ ⇨ できもの、皮膚病など
くっちゃべる ⇨ しゃべる
くらすける ⇨ ぶん殴る
くんだす ⇨ 口から出す
げいぶん悪い ⇨ 外聞が悪い
けちくそ ⇨ ケチ
けづっぺだ ⇨ おしり
けづぬげ ⇨ やりっぱなし、開けっ放し
げっぴ ⇨ 最下位
けづめど ⇨ お尻の〇、ケチな人にも使う
けな ⇨ ください、ちょうだい
こー ⇨ 来い
ごせっぱらやげる ⇨ 腹が立つ
ごだっぱな ⇨ 青っ鼻
こっぱずがしい ⇨ 恥ずかしい
ごでっちり ⇨ たくさん
こわい ⇨ 疲れた
ざいご ⇨ 田舎、田舎の人
さってば ⇨ いつもそうだ
さってばさー ⇨ 今と言ったら今
ざわざわする ⇨ 寒気がする、ぞくぞくする
さんがら ⇨ 踊り好き
しおびき ⇨ 塩鮭
じぐっとしている ⇨ ずんぐりむっくりな様子
しっちょ悪い ⇨ あまり良くない
じっぱだぐ ⇨ ひっぱたく
しゃあんめぇー ⇨ しょうがない
しゃじ ⇨ スプーン
じゃんぽん ⇨ 葬式
しょう ⇨ 背負う
じんぐり ⇨ 順番に
ずーくじ ⇨ めんどくさがること
すっかい ⇨ すっぱい
ずっこしい、ずっこい ⇨ ずるい
すっぺったこっぺった ⇨ ああだこうだ(と言うこと)
すてばってる ⇨ 生意気で、ませてる
すりてん ⇨ すれた人
する ⇨ 剃る
せでいぐ ⇨ 連れて行く
そうりょう ⇨ 長男
そじる ⇨ だだれる
大した気して ⇨ いい気して
たがる ⇨ (虫が)つくこと、とまること
だす ⇨ (モノなどを)あげる
たっぺ ⇨ 凍結、アイスバーン
たでる ⇨ (ペットを)飼う
たぷたぷ ⇨ いっぱい、なみなみ
たんがぐ ⇨ 担ぐ
血だら真っ赤 ⇨ 血だらけ
調子こぐ ⇨ 調子に乗る
ちょうろぐ ⇨ まともに
ちょろまがす ⇨ ごまかして貰ってしまうこと
ちんこい ⇨ 小さい
ちんと ⇨ チョット
ちんたら ⇨ だらだらと
ちんにぎる ⇨ つねる
つかめる ⇨ 捕まえる
でっころぶ ⇨ 転ぶ
つっぺる ⇨ 誤って落ちる
つんつるてん ⇨ ズボンなどの丈が短い様子
つんのめる ⇨ 足を取られて、転ぶ
でっかす ⇨ 出くわす
とっかす ⇨ 取り上げる、取り返す
とっける ⇨ 取り替える
とっこす ⇨ 通り越す
どぶこ ⇨ どぶ、下水路

今回はこの辺で!( 今回は気持ちの落ち込みが激しい )
おぉ~・・・なんての多さ・・・
しかも会社で使っている言葉が多い
" ちんたら " " すぺったこっぺった "とか・・・

でも、ちょっと違うんですよね、海が近いからかなぁ
言葉が強いような感じがします
( 会津とはイントネーションが違います )
その地方、その地方の特色が出ていますよね

でもーこれ、やっぱり落ち込むわ~

HOME

福島の方言(会津編)Part2

福島の方言( 会津弁 )の続編です
結構へこみながら記事にしているんですが
今回は、あまり気にしないで進めることにします

前回と同様で
:echoesが知っている方言
:echoesも使っている方言
はぁ~、ではいきますよ!!

なげる ⇨ 捨てる
なじょ ⇨ どう、いかが
なじょすんべ ⇨ どうしよう
七草 ⇨ ( こどもの )七五三
にしゃ ⇨ おまえ
にしゃら ⇨ おまえら
ねぎばな ⇨ 鼻水( 青い鼻水 )
のだばる ⇨ 伸びて寝転がる
のっかかる ⇨ よりかかる
のぼる ⇨ 踏んづける
はいらんしょ ⇨ ( 家に )あがってください
はかいぐ ⇨ はかどる、物事が進む、進展する
はっこ ⇨ 早くおいで
ばっこ ⇨ う〇こ
はっつける( つぉ ) ⇨ ひっぱたく( ぞ )
はらくっち ⇨ お腹いっぱい
ばんかた ⇨ 夕方
ばんげ ⇨ 夜
びっけ ⇨ ビリのこと
ひゃっけ ⇨ 冷たい
ぶすぐれる ⇨ ふくれっ面をする
ぶっつかる ⇨ こたつなどにはいる
ぺった ⇨ めんこ遊び
へでなし ⇨ いいかげんなこと
ほいど ⇨ 乞食
ほうほうね ⇨ 仕様がない、どうしようもない
ほだごど ⇨ そんなこと
ぼっこ ⇨ 余計なもの
ぼっこれ ⇨ 壊れている、使い物にならない
ほろぐ ⇨ ( 物を )なくす、落とす
まぁず ⇨ まったく( ちょっと怒っている様子 )
まがる ⇨ おじぎをする、頭を下げる
まぐる ⇨ 布をめくる( スカートまぐり )
まってぐ ⇨ いっしょに
まるぐ ⇨ 束ねる、まとめる
まんま ⇨ ごはん、食事
みっちら ⇨ みっちり、たっぷり、中身がいっぱい
むぐす ⇨ もらす( おしっこをむぐす )
むずせぇ ⇨ 気の毒、かわいそう
むる ⇨ 漏れる
むじる( むずる ) ⇨ ( 道を )まがる
めごい、めんごい、めんげえ ⇨ かわいい
めっこめし ⇨ 失敗して芯の残った硬いごはん
もっこ、もっこれ ⇨ ボロボロの、壊れかかった
もんずくる ⇨ 紙などしわくちゃにする
やっちゃがね ⇨ 役たたない
やっこい、やっけー ⇨ やわらかい
やってー ⇨ お願いします
やや ⇨ 赤ちゃん
やんだ ⇨ いやだ
やんだおらー ⇨ いやだ~どうしよう!、あらまーたいへん!
よがんべ ⇨ いいでしょう、OK
わさ ⇨ 悪いこと
んだ ⇨ そうだ
んだがら ⇨ そうなのよ
んだげっちょ ⇨ そうだけれど
んだべした ⇨ そうでしょう
んでね ⇨ そうではない
~してくんつぇ ⇨ ~してください
~しっせ ⇨ ~しなよ、~したら?
~してくなんしょ ⇨ ~してください
~だなし ⇨ ~ですね
~だべし ⇨ ~ですよね

どうでしたかぁ
echoesのすきな" はいらんしょ " " ~してくなんしょ "
" ~だなし "が登場しました
この方言好きなんですよね、なんか優しくて
あぁ、今回も多いなぁ・・・
" はらくっち "は全国区だと思ってたんですけどね

これで、福島県の中通り地方の方言と
会津地方の方言のご紹介が終わりました
もう一つあるんですよね" 地方が "・・・

HOME

福島の方言(会津編)

" 方言シリーズ "なぜか結構好評なんですよね
前回・前々回と主に福島県中通り地方の方言をご紹介したんですが
タイピングしているechoesはヘコんでいくばかり・・・
" お前はどんだけ訛ってんだぁ "と思い知らされました

それでもって今回は" 会津地方 "の方言をご紹介します
echoesは会津の方言がとっても好きです
:聞いたことのある方言
:echoesも使っている方言 でご紹介します
今回はタイピングしていてあまりヘコまずいけると思います( たぶん )

まずは" 会津弁 "とはから
会津弁:福島県会津地方で話される方言で" 東北方言( 南奥羽方言 ) "に属す
会津地方では故郷への帰属意識が強く、さらに追及すれば
会津若松市と奥会津(南会津地域)では帰属意識が異なります
会津若松市と奥会津では言葉の響きやニュアンスなどで
大きな違いが見られます
また、会津最南端の桧枝岐村では会津弁よりも西関東方言に
似た方言が離されています
Aizu_dialect_in_Wakamatsu201605
ほんじゃぁ、いってみっかい( それでは、いってみますか )
あいばっせ ⇨ 行きましょう
あいべ ⇨ 出かけるよ、行くよ
あがらんしょ ⇨ めしあがってください、中へお入りください
あねさ ⇨ 年上の女性への呼びかけ
あんちゃ ⇨ 子供への呼びかけ
あんつぁ(ま) ⇨ 目上の男性 (ま)を付けると成長した意味
あんべ ⇨ あんばい、具合
いぎあう ⇨ 出先で偶然(知り合い)に会う
いっちょめこぐ ⇨ 一人前のことを言う、生意気を言う
うぶう ⇨ 背負う、おんぶする
うっつぁし ⇨ うるさい
うすらかすら ⇨ たむろする、目的もなしにフラフラする
うなう ⇨ 田畑を耕す
うまぐね ⇨ よくない、まずい
うめる ⇨ 風呂に湯や水を足すこと
うらがいちゃ ⇨ 裏返し
うるかす ⇨ 水につけておく
おだれる ⇨ おれる
おっつめる ⇨ なぐるとか 「 おっつめっつぉ!」覚悟が必要
おっとばす ⇨ 突き飛ばす
おばんです ⇨ こんばんは
おめえ ⇨ あなた
おれ ⇨ 年配の方は男女問わず自分を" おれ "と呼ぶ
おら ⇨ 「 おれ 」よりも若い世代の男女が自分をこう呼ぶ
おもさも ⇨ 思う存分、充分に
おらほ ⇨ 私たちの地域・地区
おんずぐなし ⇨ 馬鹿者。意気地なし
おんずぐねぇ ⇨ ろくでもない
おんつぁ(げす) ⇨ バカ・アホ (げす)を付けると強化型
おんつぁま ⇨ 年配の男性、おじさん
おんつぁれる ⇨ おこられる
おんもしぇ ⇨ おもしろい
さがりもの ⇨ 当来もの(京都など上方から)
ざける ⇨ 雪が溶けてシャーベット状の様子
さすけね ⇨ 大丈夫だ、問題ない
さなぶり ⇨ 田植え休み(五月休み)
されがまね ⇨ かまわない、放っておく
したがら ⇨ だから
しっぱね ⇨ 撥ねのこと ズボンの後ろにつく撥ね
しゃで ⇨ 弟
しょーね ⇨ しょうがない
ずねぇ ⇨ 大きい
せな ⇨ 兄
ぞうさねぇ ⇨ 簡単だ、すぐできる
そべる ⇨ 甘える
たがく ⇨ (物を)持つ
たくさん ⇨ 充分、お腹いっぱい
だけんじょ・だけんじょも ⇨ だけれど
だっち(ぇ)も ⇨ 誰も
たまげた ⇨ 驚いた
たれる ⇨ 大小便をする
ちぃっと、つうと ⇨ 少し
ちゃんちゃんする ⇨ 正座する
つうはん(ちゅうはん) ⇨ 昼食
つっかけ ⇨ 履物転じて、入り口、手前の意味
でっこら ⇨ いっぱい、たくさん
でっちかる ⇨ 座る
とうみに、とうみぎ ⇨ とうもろこし
とっかす ⇨ (無理やり)取り上げる
とねこ ⇨ (生まれたばかりの)子牛、子馬
とぶ ⇨ 走る
とびくら ⇨ かけっこ、競争
どんぶく ⇨ 綿入れはんてん

今回はこの辺で!!
ん~" 福島弁 "よりは落ち込みは少ないですけど
青い★
たくさんありますねぇ~・・・
やっぱりヘコむなぁ・・・

HOME

福島県 猪苗代町

地域紹介の最後は、福島県のシンボルを2つ持っている
猪苗代町を紹介します
2つのシンボルはこの湖が無かったら郡山市はどうなったことか
1つは" 猪苗代湖 "もう1つは「 宝の山 」" 磐梯山 "を持っています

Flag_of_Inawashiro_Fukushima_svg
町の木:ナナカマド
町の花:サギソウ
町の鳥:ハクチョウ

猪苗代町は、福島県のほぼ中央に位置する町です
猪苗代
猪苗代湖の北岸に面し、東西北の三方を会津磐梯山をはじめとする
山々に囲まれた自然豊かな町です
44545
日本海式気候で、冬は積雪1~2m積もるところもあります
1000円札で有名な" 野口英世 "の生誕地としても知られています

観光業のほか、米の生産調整対策に伴う転用作物として" 蕎麦 "をはじめ
磐梯トマト、七ツ森牛乳、磐梯黄金みそ、あげまんじゅう、笹だんご
ふなの甘露煮、山葉加工品、湯の華、中ノ沢こけし、つる細工
清酒などを特産としています

地理は北西に磐梯山がそびえ、南には猪苗代を湛えています
活火山を3つも抱える珍しい自治体となっています
B1
宝の山" 会津磐梯山 "

続きを読む