Fukushima Circulation

~ 福島県を巡って ~

福島県

春日八郎

今回の記事は" 春日八郎 "さんの記事です
そうです、演歌歌手で有名な" 春日八郎 "さんの記事です
hqdefaulthqdefault1
右の写真じゃなくて( これはこれで当時ウケた )左ですよ

春日八郎( 本名:渡辺 実 1924年10月9日-1991年10月22日 )は
福島県河沼郡会津坂下町塔寺出身の演歌歌手です
" 赤いランプの終列車 " " お富さん " " 別れの一本杉 "などなどが有名

実家は麺類製造業、浅草でクラシックの正統派" 藤山一郎 "の
ステージを見て歌手に憧れたそうです
旧制会津中学校を中退し、エンジニアを志して13歳で上京
しかし、歌手の夢を捨てきれずに東洋音楽学校へ入学
hqdefault2
卒業後は、会津若松陸軍第29連隊に入隊し、終戦後台湾より復員
その後は、ムーラン・ルージュ新宿座に入団し、" 渡辺勇助 "の
名で本格的に歌手活動を開始、初めからヒットに恵まれる
はずもなく、苦しい時代を過ごしたそうです
退団後の1948年、キングレコードの第1回歌謡コンクールに
合格し" 歌川 俊 "の名で準専属歌手となります

準専属の歌手は無給だったため、先輩歌手・三門順子の
前座で歌ったり、新人の登竜門といわれた新宿の「 聚楽 」で
仕事をしたりという生活であったが、それでも赤貧を洗う
生活だったため、ついには進駐軍のPX商品を歌謡関係者に
売る" 闇商売 "に手を出していたこともあったそうです
Kasuga_Hachiro
そんな下積みが3年続き、同じく準専属であった妻・恵子に
紹介してもらった" 作曲家・江口夜詩 "の家に毎日のように通い
掃除をしたり肩を揉んだりしながら曲を作ってもらえるように願い続けたそうで

江口に「 低音が出ないし、声が細い 」と指摘されると、河原に出て
土砂降りの中で発声練習をしたりと必死の努力が実り
ようやく新曲" 赤いランプの終電車 "を作曲してもらうことになった

" 赤いランプの終列車 "を吹き込んだ春日八郎だったが
当時、無名の自分が売れるわけないと、ヒットしなかった場合を想定して
新聞社に入ろうと履歴書まで書いていたといいます
曲が作られて1年後の1952年に" 赤いランプの終列車 "は
発売され、50万枚の大ヒットとなる
このことによって活動の場が広がる

1954年に歌舞伎の" 与話情浮名横櫛 "に登場する" お富 "と
" 切られの与三郎 "の掛け合いを歌にした" お富さん "
( 発売3か月で30万枚、最終的には125万枚を売り上げる大ヒット )
同年末の第5回紅白歌合戦に初出場を果たしました

バリバリの演歌、久しぶりに聴いた

また、1955年には" 別れの一本杉 "
( 60万枚の大ヒット、まだ売り出し中の" 船村 徹 "を有名に )と
それまでの流行歌とは質の異なる" 望郷歌謡 "を
立て続けにヒットさせ、流行歌の衰退期において
" 演歌 "という新天地を築きました
1967年には個人事務所として" 春日プロモーション "
( 現・春日プロ )を創立しました

春日八郎の直後に同じキングレコードから三橋美智也、更には
三波春夫、村田英雄、島倉千恵子らが登場
美空ひばりも演歌を歌い出し、後に演歌の女王と称される
1960年代には北島三郎、都はるみ等が台頭し、演歌の全盛期を迎える
このような演歌台頭の流れから、春日八郎を演歌歌手の
第一人者とみる向きが多いそうです
音楽ジャンルとして演歌が定着すると、長年にわたり演歌界をリードした

なお、春日八郎の代表作の一つ" お富さん "は、1977年11月に
エボニー・ウェップによって" ディスコお富さん "として
カヴァーされてリバイバルヒットし、発売2週間で20万枚を売り上げた

制作を担当した河野次郎は、歌詞を覚えてもらうのに一苦労したとのこと
" ディスコお富さん "発売1か月後に、20万枚突破記念パーティが開かれ
作曲の渡久地政信、春日八郎本人も出席しディスコを踊ったとか
渡久地政信は「こんな再生の仕方もあるんだね 」と感心していた

晩年の1988年には静岡県熱海にて親交の深かった三橋美智也
村田英雄らと共に" 三人の会 "を結成、3人揃ってのチャリティコンサートを
開催するなど、低迷した演歌の活性化に力を注いでいました
だが、この頃になると体調を崩しがちとなり、段々と体が細くなっていく
春日八郎の兆候が見られてきた

それでも『 昭和 』から『 平成 』に元号が変わった1989年末には
第40回NHK紅白歌合戦(第1部)に1978年・第29回以来、" お富さん "で
11年ぶり21回目の紅白出場を果たしたが、これが自身生涯最後の
紅白出場となった
さらに1990年頃、清水アキラが顔中に沢山のセロハンテープを
貼り付けて、春日八郎の" ものまね "を披露したことでも話題になる
" ものまね珍坊 "で清水アキラと共演した際、春日八郎は
「 俺ってこんな顔してるのか? 」
と苦笑いしながら感想を述べていたそうです

このテープ芸、セロハンテープもこんな使われ方するとは・・・

1991年6月、左大腿部腫瘍の摘出手術のため入院
" 三人の会 "のコンサート等に出演出来ず、三橋美智也、村田英雄に
対して病床からメッセージを送ったこともあった
一旦は退院、同年9月6日に中野サンプラザでのキングレコード
60周年コンサートに出演したが、これが生涯最後のステージとなった

❆ 会津坂下町との関係 ❆
故郷である会津坂下町への思いも強く、幼少期に通った
町立八幡小学校にピアノを寄贈し校歌を作曲、町立第二中学校の
校歌、応援歌も作曲したそうです
また" 会津坂下町民歌 " " 会津坂下音頭 "を作曲し自ら歌い
レコーディングするなど町の発展に尽くしました

会津坂下町も春日八郎の功績をたたえ、同町の船杉地区
( 一本杉と地蔵が実在する )に" 春日八郎記念公園・おもいで館 "を建設
遺品の展示コーナーやカラオケコーナーがあり、春日八郎の
作品の品揃えも日本一になっています
また、2003年には会津坂下駅前の広場に銅像を建立し
さらに2007年10月13日には" 赤いランプの終列車 "の
歌碑も建立されました
800px-Statue_of_Kasuga_Hachiro

開成山公園

明日、花見に行く予定をしているんですが
どこに行くかというと" 開成山公園 "という公園です
ここ10年くらい桜の花が咲くと行っている所なので
どんな公園かご紹介します

❆ 開成山公園( かいせいざんこうえん )❆
開成山公園は福島県郡山市にある都市公園
( 総合公園 )です
郡山市のシンボルの一つともいえる公園です
総面積約30ヘクタール

安積開拓に深いかかわりがあり、公園内には開拓時に
植えられた桜が数多くあるため、県内でも有数の花見の
名所となっており" 日本の歴史公園100選 "に選定されています
201504p2p3_p01
また、公園内には開成山総合運動場、隣接地には
郡山総合体育館があるため、福島県内では福島市の
あづま総合運動公園と並ぶスポーツの拠点でもあります
p_main
< 小さい頃、お世話になりました 昔と変わっていない >

❆ 歴 史 ❆
江戸時代は、二本松藩の狩場として利用されていたそうです
明治時代の初期、1873年(明治6年)に郡山の商人が
出資してできた民間団体の" 開成社 "が開成山一帯の
沼沢地を開墾し桑野村を開きました

これを受けて、国営事業として安積開拓と安積疎水の
建設が始まり、灌漑用の池として五十鈴湖
(元の名・上の池)と開成沼が造成されました
桑野村内には1878年(明治11年)開成社によって
約4,000本の桜( ソメイヨシノ・ヤマザクラ )が
植えられました
この桜は1934年(昭和9年)に国の天然記念物に
指定されています
a304
DSCF1465

こんなものもあるんです
550-KA004L
❆ 国鉄D51形蒸気機関車 ❆
国鉄郡山工場( 現・JR東日本郡山総合車両センター )で
製造され、1940年(昭和15年)から1970年(昭和45年)に
かけて実際に運転されていた車両を、1970年(昭和45年)
5月5日に移設したものです
通常は柵に囲まれて閉鎖されていますが" こどもまつり "
開催時には一般開放されます
子供ながらに" カッコいいなぁ "なんて思っていました
large
この開成山公園の桜には、こんなエピソードがあります

開成社・社長であった阿部茂兵衛は自らの手で
桜の苗を植えました
ある人がその姿を見て
「 あなたは、この桜の花を見られますか 」
と尋ねたんだそうです

阿部茂兵衛は
「 桜は孫子の時代のもの
必ず町の名所として賑わいを見せる 」
と平然と答えたといわれています

この会話、格好いいと思いません!
" 桜の名所になる "って思って植樹して実際に
桜の名所になったんですからスゴイ

こういった思いも踏まえて、明日の花見を楽しみたいと

花見山公園

20100418花見山公園全景
花見山公園は福島県福島市にある花卉農家の私有地の名称
中心市街地から見て南東、阿武隈川右岸の渡利地区の
丘陵地中腹に位置します
所有者が公園として市民に無料で開放しており
特に春の花見シーズンには、多くの観光客を集めています

花見山周辺の農家も花卉農家を行っており、地区一帯で
花が咲くため" 花見山 "は地区全体の総称としても使用されています
photo_001_b
福島盆地の東縁を形成する阿武隈高地に、阿武隈川支流の
くるみ川が形成した小規模な谷底平野があり、くるみ川本流と
その支流の鈴ヶ入川に挟まれて樹枝状丘陵が張り出している
その丘陵の先端部の標高約110mから約180mに当園は位置します

集落がある谷底平野に立つと、くるみ川流出部の殿上山
( 春日山 )も含め周囲はぐるりと丘陵に囲まれ、その至る所で
花卉園芸が営まれている
春には、切り花出荷用の東海桜をはじめ、梅・桃・
ソメイヨシノ・レンギョウ・ボケ・サンシュユ・モクレン
そしてツバキ等が当園のみならず地区一帯に咲きます
そのさまを写真家の秋山庄太郎は" 福島に桃源郷あり "と形容し
毎年訪れたそうです
春以外ではロウバイも冬季に見頃を迎えます

観光客増加により、4月上旬から下旬まで一般車両の
進入規制が行われるようになり、一般車両駐車場とを
結ぶシャトルバスのバス停および観光バス駐車場が
設置されました
観光バス駐車場周辺にはシーズン中に出店も設置しています
観光バス駐車場と当園の間は約800m( 徒歩10分 )あり
ウォーキングトレイル事業によって地区内に遊歩道が
整備され、地区内を流れる川の護岸工事も行われました

続きを読む

福島の方言(相馬弁 その2)

前回の" 相馬弁 "に引き続き第2弾
前置きは置いといて、一気に行きますよー
今回は" う " " え " " お "まで

いつもの通り
:echoesが知っている方言
:echoesが使っている方言
では・・・

うけ ⇨ 釣り道具の" ウキ "
うげわり ⇨ 具合が悪い、気分が悪い
うざれる ⇨ 物がふやけてただれること
うずづる ⇨ ずり落ちる、落っこちる
うすらげーぶんわりぃ ⇨ 何とも言えず外観が悪い
うそこぐ ⇨ 嘘をつく
うだで ⇨ 気味が悪い、気持ちが悪い
うっしょ ⇨ 後ろ
うっつぁしぃ ⇨ うるさい、うっとうしい
うむれる ⇨ 蒸れる
うるかす ⇨ 水につけてふやかす
うるける ⇨ ふやける
うろらうろら ⇨ うろうろ
うわっか ⇨ 上側、表面、体裁
うわっぱり ⇨ 上着、羽織るもの
うわってる ⇨ (草木が)植えてある状態
うんと ⇨ とても、非常に
ええ ⇨ 1.よい 2.いらない
えごく ⇨ 動く
えじる ⇨ もてあそぶ、いじる
えぶ ⇨ おなら
えんだんたかり ⇨ 不倫
えんと・えんとこ・えんとんこ ⇨ おすわり
えんとする ⇨ お座りをする
おえる ⇨ 生える
おくーらぃ・おーく-らぃ ⇨ (商店などで)下さいな
おげはぐする ⇨ 機嫌を取る
おここ ⇨ お新香
おごれ ⇨ ください
おさまえる ⇨ 1.押さえる 2.捕まる
おしんこ ⇨ 共有すること
おせーる ⇨ 教える
おだぢ ⇨ (料理の)おかわり
おだちもっこ ⇨ おだてられてその気になること
おだつ ⇨ つけあがる、調子に乗る
おちゃのこ ⇨ 宴会など始まる前に、飲み食い始める
おちる ⇨ 降りる
おっかね ⇨ 怖い
おっきる・おっきょる ⇨ 折る
おっくりげえし ⇨ ひっくり返す動作を繰り返す
おっくる・おっぱる ⇨ めくる
おっこむ ⇨ (洗濯物を)取り込む
おったぐる ⇨ 追い払う
おっつく ⇨ 追いつく
おっつける ⇨ 1.貼り付ける 2.押し付ける
おっとばす ⇨ 突き飛ばす
おっとまり ⇨ 行き止まり
おっぶせる ⇨ (食器などの)口を下にして置く

珍しく少ないような気がする のは気のせい?
まぁ、" うすらげーぶんわりぃ "知っていますが
さすがに使ったことはありません
" えんと " " えんとする "当たりは小さい子供に
使う印象ですかねぇ
" ここに「 えんと 」しな "みたいな感じで

あとは、今年何かと話題の" えんだんたかり "
こんな表現があったとは・・・
田舎者ですけど分からない域に入ってきた

福島の方言(相馬弁編)

福島の方言シリーズもこの" 相馬弁 "が最終になります
何故か人気のシリーズで、これまで" 福島弁 " " 会津弁 "
" 岩城弁 "と記事にしてきましたが、その度ヘコんでました

「 おいおい、どんだけ訛ってんの 」とビックリするくらい・・・
最終シリーズはお題にある通り" 相馬弁 "
echoesも初めての方言です
最終なので端折らないで記事にしていきますので
何回かに分けてのアップになります

あぁ-、どんなことになることやら・・・
今まで通り
echoesが知っている方言
echoesが使っている方言
まずは「 あいうえお 」の" あ "と" い "から
それでは、参りましょうかッ!!

あいづ ⇨ あれ、あの人
あいや ⇨ あら~
あおたん、あおなじ ⇨ 青痣 " あおたん "は使用
あおめ ⇨ マコガレイ
あがっせ ⇨ お上がりなさいの意
あかはら ⇨ ウグイ
あかぼう ⇨ サクラシメジ
あかめて ⇨ あっかんベー
あがと ⇨ 玄関の上がりかまち
あきしょ ⇨ くしゃみ
あく、あくた ⇨ 灰 " あく "は使用
あぐ ⇨ あご
あくたもくた ⇨ 不要なもの色々
あくと ⇨ かかと
あけず ⇨ とんぼ
あさやじ ⇨ 秋味、鮭の塩引きの老人語
あしたあさって ⇨ 明後日
あすこいら、あすけいら ⇨ あの辺
あだし ⇨ 私
あっか、あっけ ⇨ あるか? " あっか "は使用
あったぐまったぐ ⇨ まったくもう
あっちさ、あっちゃ ⇨ あちらへ どっちも😢
あっと ⇨ あるよ、あるぞ
あっぱとっぱする ⇨ 気が動転する、あたふたする
あづばり ⇨ 集会、あつまり
あっぺ ⇨ あるだろう
あっぽ ⇨ 大便(ゴメンナサイ)
あっぽなし ⇨ だらしがない
あにさま ⇨ お兄さん
あねさま ⇨ お姉さん
あまごい ⇨ 味が甘すぎる
あまされる ⇨ 仲間外れにされる
あまじゃらし ⇨ 雨ざらし
あます ⇨ 手に余る
あまだ ⇨ たくさん、数多く、大勢で
あみこ、あみもだし、あみのめ ⇨ あみたけ
あやまる ⇨ 参る、困る、閉口する
あらける ⇨ 荒々しくする、荒らす
あらっぱしい ⇨ 荒々しい
~あるく ⇨ ~しながら動き回る
あれ ⇨ 目下の者に呼びかける語、これ
あんだ ⇨ あるのだ
あんちゃ ⇨ お姉さん
あんとき ⇨ あの時
あんにゃ ⇨ お兄さん
あんべわり ⇨ 具合が悪い、不調
いいぐれおとな ⇨ 立派な大人、いい年をした大人
いがね ⇨ 行かない
いがんべ ⇨ いいだろう
いきなり、いきなし ⇨ すごく、とても
いぐ ⇨ 行く
いぐね ⇨ 家の周りの防風林
いさば ⇨ 魚の行商人
いしこい ⇨ 壮健だ
いだぐする ⇨ ケガをする、痛める
いだぐした ⇨ ケガをした、痛めた
いだましぃ ⇨ 1 もったいない 2 かわいそう
いだんば ⇨ 板の切れ端、板
いちこ ⇨ 乳児を入れておく藁で編んだ深さのあるカゴ
いづい ⇨ 居づらい、居心地が悪い
いつのこまにか ⇨ いつのまにか
いっちんの ⇨ 入れてあるの?
いっぺ ⇨ たくさん、いっぱい
いっきゃう ⇨ 会う
いっぽんしめじ ⇨ ウラベニホテイシメジ
いのはな ⇨ シシタケ、コウタケ
いのまい ⇨ 庭
いはいもち ⇨ 後継者、跡取り
いびる ⇨ 炒める
いまっと ⇨ いま少し、もう少し、もっと
いやしこ ⇨ 食いしん坊
いやんべ ⇨ いい塩梅
いれきれ ⇨ 選り好み
いんね ⇨ 要らない、不要

はぁ-、多い( テンションダダ下がり・・・ )
「 いったいechoesはどこの地方で育ったんだ 」と
思ってしまう・・・( 相馬って太平洋側 )

でも、でもですよ" あしたあさって "全国区だと思って
いたんですけど違うんですかぁ
いくらなんでも" 明後日 "= アナウンサーならまだしも

ま、それは置いといて
地方によって意味が違う単語もあるんですね
" いきなし、いきなり "なんかはechoesの地域だと
" 急に "なんですよね
ここら辺が" 方言 "の面白いところ!

いやぁー、これ五十音の「 ん 」までやるのか・・・
シリーズ最終、ヘコむだけヘコむか・・・はぁ-

Twitter
Facebook
Google+