今回は、echoes在住の郡山市の代表的な
お菓子を3つほどご紹介します( すべて甘いです )

❆ ままどおる ❆
" ままどおる "はバターのたっぷり入ったミルク味の
餡を生地で包み焼き上げた土産菓子です
pic03
" ままどおる "とはスペイン語で" お乳を飲む人々 "の意味
製造は福島県郡山市にある「 三万石 」
姉妹品にチョコ味の" チョコままどおる "があります
" チョコままどおる "は期間限定で10月~5月の販売です
img426_file
購入できる場所が基本的に福島県内、あるいは福島県近辺の
高速道路内売店、仙台駅「 S-PAL仙台 」などに限られているため
福島県民が県外に出向くお土産品として人気の高いお菓子です

子供のころ、本当にお世話になったお菓子です
( 今は、echoesの子供たちがお世話になっています )
お土産では喜ばれましたね
出張でお客さんのところに持っていくと
「 今度来るときまた持ってきて 」なんて頼まれたものです

❆ 薄皮饅頭 ❆
" 薄皮饅頭 "は福島県郡山市の土産菓子です
あまい饅頭で、名前の通り黒糖を使った薄い皮で
包んでいることが特徴です
5dc2c7b259789b2eb0c289869a29dd8a
1852年(嘉永5年)から続く和菓子の老舗「 柏屋 」が製造販売しています
皮は小麦粉に黒糖を多く混ぜて作った生地を
使用しているため茶色をしています
通常の饅頭よりも皮が薄い分、餡の占める量が多いため
かなり甘いですが、くどい味わいではありません

現在、餡の種類で" こしあん "と" つぶあん "があります
また、小さいサイズの" 薄皮小饅頭 "や蒸篭に入れて
販売している" せいろ薄皮 "があります

そのまま食べるほかに、焼いたり、凍らせて食べたり
衣をつけて天ぷらにして食べたり、茶漬けにして
食べる人もいます

柏屋の当主である初代・本名善兵衛が考案したとされています
江戸時代の奥州街道の郡山宿で" 薄皮茶屋 "という店を
開き、主に旅人相手に販売していたそうです
それでもってこの薄皮饅頭" 日本三大まんじゅう "になっています
東京:志ほせ饅頭、岡山:大手まんぢゅう、そして福島の
柏屋薄皮饅頭が" 三大まんじゅう "だそうです

❆ 家伝ゆべし ❆
このお菓子は、郡山で製造しているお菓子ではないんですが
こちらでは、知名度の高いお菓子なのでご紹介します
( 因みに製造は郡山市の東隣の" 三春町 "で製造です )

鶴が翼を広げたように見える" 家伝ゆべし "の独特の形は
坂上田村麻呂が2羽の丹頂鶴に育てられたとの故事に
由来しています
0321-001
三春は坂上田村麻呂将軍から数えて二十五代の後裔
田村義顕公によって開かれた町です
「 かんの屋 」はそんな歴史の町" 三春町 "において
菅野文助により1860年「 菅野屋 」の屋号を名乗り
今に伝わる" ゆべし "づくりを始めました

その後" 家伝ゆべし "は庶民の口に親しまれ、城下町三春には
なくてはならない代表的な名物となり、交通の便が発達した
現在は、三春の名物から福島の代表的な銘菓となり
今につづいています

ゆべし( 柚餅子 )とは、本来柚子の実を使ったお菓子ですが
全国各地でその形状・味・製法はそれぞれ異なり
その土地でさまざまな系統の" ゆべし "が存在します

東北では" ゆべし "というと、柚子ではなく胡桃(くるみ)を
入れた四角形の餅菓子が一般的ですが「 かんの屋
家伝ゆべし 」はまた違った分類といえます
円形の薄いゆべし生地で、餡を包み独特な形で
蒸しあげた" 餡入りゆべし "で東北地方でありながら
独自の" ゆべし "を確立しています

いかがでしたかぁ
今では、甘いものが苦手になってしまったechoesも
子供のころは、おいしくいただいたお菓子です!
是非、福島に来られた時はお試しあれッ!!

因みにechoesが唯一食べれる餡のお菓子は
「 三万石(ままどおる) 」の" エキソンパイ "です
41jut9BZxhL
ちょっと塩っ気の効いたパイ生地に、あまり甘くない餡が
とってもマッチしています、食べていくと胡桃が
アクセントになっていて、おいしいですよ~
福島県民としては上記3つ、echoes個人では
この" エキソンパイ "超お薦めです

HOME