前回" 中条正恒と開成社の設立 "の続きです

明治になり、旧武士たちは士族と呼ばれていたものの
生活は困窮を極めていました
士族の生活の窮迫と新時代の不平から、西国では反乱が
相次ぎ士族の救済は急務となっていました

大久保利通をはじめ、ときの政府要人たちは、世界との差を
実感し国の未来には" 殖産興業★ "と" 士族授産★ "が
必要不可欠と考え産業を興し、士族救済の政策を
実施してきました

そのような折、明治9年の明治天皇の東北巡幸に先じて
下検分に福島・郡山を訪れた大久保利通に中条正恒が
福島県と開成社による大槻原開拓事業の成功、そして
国営安積開拓の必要性を力説しました

その熱意を受けた明治政府は、安積開拓と猪苗代湖から
水を引く安積疎水事業に乗り出しました
無題
これでは見ずらいので
201409091602039da
こっちのほうが分かりやすいですかねぇ

政府が本格的に士族移住に取り組むのは明治11年からで
福島県内では二本松・棚倉・会津、県外では九州の久留米
四国の高知・松山、中国の鳥取・岡山、そして東北の米沢の
9藩の士族など、全国から約500戸、2000人あまりの人が
移住してきました

★ 殖産興業
明治政府が西洋諸国に対抗し、産業や資本主義の育成により
国家の近代化を推進した、さまざまな政策を言います

★ 士族授産
職を失った士族の救済のためにとられた明治政府による
一連の政策を言います
農・工・商業への転職の推進
官有林や荒地の払い下げなど

HOME