知らない方は" 何この記事 "とお思いでしょうが福島県が
世界遺産に認定された安積開拓を記事にしています
興味のある方は是非見てってください
( 本当に知っている人は知っている記事です )

明治政府の開拓が決まる前、地元( 郡山市 )では
福島県と開成社による開成山一帯の開拓が進められ
これが後の" 国営安積開拓 "へとつながりました
言い換えると、福島県と開成社による大槻原開拓が
なければ、国営安積開拓は実現しなかったといえます
無題1
開拓当時の絵図
上:上ノ池( 現在の郡山市のシンボル" 開成山公園 " )
中:開成沼( 現・開成山球場と陸上競技場 )
下:下ノ池( 現・水道局(豊田浄水場)現存しています )

この大槻原開拓は明治5年、安場 保和が県令(現在の知事)
として福島県に赴任した時から始まります
安場 保和は、旧米沢藩士の中条 正恒を県の典事(課長職)に
任命し安積開拓のすべてを任せました

そして、士族授産を第一の目的にしたこの事業は
中条 正恒ら県官の努力のもと大槻原一角への
旧二本松藩士族の移住から始まりました
旧二本松藩士族が入植したのは、後の桑野村で
明治6年に移住した士族は19戸

当時は富田村や大槻村の古村に仮住まいしながら
開拓地へ通って開墾を行い、よく明治7年に南町の
開拓道路( 現在の安積高校通り )の両側に住宅が建てられ
そこへ移り住むようになりました
その後明治7年から明治13年までに9戸が入植し
全戸数8戸が開拓に従事しました
無題2
桑野村の入植図
❆ 現在の開誠館周辺の入植の様子 ❆

ここはちょっと詳しいので
中央部の五十鈴湖⇨開成山公園
縦に走る開拓道路⇨国道49号線
横に走る開拓道路⇨安校通り
" 文 "小学校⇨開成小学校
" 文 "⇨安積高等学校
" 卍 "⇨道因寺(echoesのお寺)
開成山大神宮:現在も一緒






他方、開成社は開墾地を耕作させるため、明治7年
桑野村北町に61戸の小作人家屋を建て
明治11年までにさらに41戸が増え全戸数が102戸となりました

かつて不毛の原野だった一帯は、次第に
その姿を変えていきました

HOME