会津名物" 桜刺し "
馬の肉を刺身にしたもので熊本県・長野県も有名ですが
会津では気軽な集まりに家でも食べる会津人にとっては
重要な郷土料理です

馬刺しはおろし生姜やおろしニンニクで食すのが
一般的になっていますが会津の桜刺しは違います
会津の桜刺しは赤身でにんにくがたっぷりと効いた
辛し味噌で食べるのが" 会津流 "です
51l
しっとり、ぷりぷりとした赤身のじんわりとした甘味が辛味噌の相性とピッタリ
また、日本酒にも白米にもとってもよく合います

古来より会津では女性にとって栄養価の高い食品として親しまれてきました
" ヘム鉄 "という吸収率の高い鉄分を含み、貧血気味の方に最適です
昔は妊婦さんのいる家のお土産として重宝されていたとのこと

もともとは、煮たり焼いたりする料理が主流だったようですが
( 現在でもモツ煮など、名残が食べられるお店もある )
力道山が巡業で会津を訪れた際、会津坂下のお肉屋さんで
生のまま辛味噌をつけて食べてから、刺身が広まったそうです

また、馬の肉と" 桜肉 "という所以については、昔は
獣の肉を食べるのは公には禁止されていました
そのため獣肉は" イノシシ⇨ボタン、シカ⇨もみじ "などの
隠語で呼ばれていました
馬刺しのおいしい時期が" 春 "ということで" 桜肉 "と
呼ばれるようになった説と、切った肉の色から
きているという説が一般的です

HOME