歴史の深い福島県 会津若松市をご紹介
900px-Flag_of_Aizuwakamatsu,_Fukushima_svg_R
市の木:アカマツ
市の花:タチアオイ
市の鳥:カッコウ

会津若松市は、福島県会津地方に位置する都市で会津地方の中心都市です
江戸時代には会津藩の城下町として栄え、現在でも若松城( 鶴ヶ城 )や
白虎隊など歴史上の事物が観光資源として有名です

そのほかにも" こづゆ "などの文化的な特色、" 赤べこ "などに
代表される伝統工芸などにより数多くの観光客が来られています
無題
赤べこ

1889年、当時の" 若松町 "が福島県で初の市制を施行し" 若松市 "となり
その後も周辺町村の編入などを繰り返し1955年の7村編入時に
" 会津若松市 "に市名を変更して現在に至っています
会津若松市を中心とする会津若松都市圏の人口は約19万人

会津若松市のある会津盆地は、盆地床が「 あいづだいら( 会津平 ) 」
とも呼ばれ、ほかに" 喜多方 "や" 坂下 "などの都市があります
また、会津盆地から北の飯豊山地を超えると山形県の米沢
東は" 猪苗代湖 "を経て奥羽山脈を越えると中通り地方の" 郡山 "
西は" 野沢 "などを経て越後山脈を越えると新潟県下越地方の
新潟市が位置しており、各地とは磐越自動車道や国道・磐越西線で
結ばれ観光を通じてそれぞれの都市との交流も活発です

会津地方の南には" 会津高原 "と呼ばれる山間地が広がっており
" 尾瀬 "などの観光地が点在しています

市域の西側を" 阿賀川 "が流れているほか、市の東側は
" 猪苗代湖 "に面している
内陸ではあるが奥羽山脈以西に位置しているため、水系も
日本海側であり冬には豪雪地となります
" 会津 "や" 若松 "と省略して呼ばれることもあります
800px-Aizuwakamatsu_Castle_05
鶴ヶ城( 若松城 )

会津若松市は、福島西部一帯を占める会津地方の中心都市で
市街地は会津盆地の南東部に位置しています
市域全体では市街地の南に広がる広大な山地も市域に含まれ
最南端は" 芦ノ牧温泉 "などある大戸岳周辺まで市域に収めます
東側は猪苗代湖の約3割が会津盆地内の市町村と隣接しています

東西に国道49号線・磐越自動車道・磐越東線が通っていて
南北も国道121号線などの道路、会津鉄道" 会津線 "などよって
周辺地域と結ばれています

これらの会津地方の東西を結ぶ道路と南北を結ぶ道路は
会津若松市で交差しており、鉄道でも磐越西線・只見線・会津線が
集まる会津地方の要衝となっています
1280px-Aizuwakamatsu,_Fukushima_Oka
会津和若松市街地

気候は、盆地特有の気候であるため1年の気温差が大きく
夏は暑く、冬は寒い気候です

このため、豪雪地帯に指定されているが、冬の積雪は
会津地方の中では少ないほうです
日本海気候の特徴を多く持っているほか、海から離れているため
内陸性気候の特徴も、併せ持っています

❄ 会津若松市の歴史 ❄
aidu
❄ 国内外姉妹・友好都市 ❄
むつ市( 青森県 ) 鳴門市( 徳島県 )
伊那市( 長野県 ) 横須賀市( 神奈川県 )
荊州市( 中国湖北省 ) リーズ・サミット市( アメリカ・ミズーリ州 )
サイパン市( 北マリアナ諸島 )

HOME