福島県郡山市をご紹介します
echoesの地元でもありますので、少々詳しく・・・
Flag_of_Koriyama,_Fukushima_svg_R
市の木:ヤマザクラ
市の花:ハナカツミ
市の鳥:カッコウ

郡山市は、福島県中通り中部に位置する市になります
中核市にも指定されています
無題
市域は中央分水界となっている奥羽山脈の東西にわたっています
市の西部は日本海側である猪苗代湖南岸に位置していて、東部は
阿武隈高地に及んでいます

市街地エリアは、栃木県宇都宮市と宮城県仙台市の中間に位置していて
東北新幹線・東北本線・東北自動車道・国道4号で繋がれています
また、西の会津若松市や新潟県と、東のいわき市へは磐越自動車道
磐越西線・磐越東線・国道49号で移動することが可能です
そのため、東日本の" 交通の十字路 "として交通の拠点化が進み
経済・内陸工業・流通・交通の要衝として東北地方第2位の
経済規模を擁する郡山都市圏を形成しています

このような郡山市の拠点性により、県域放送をしているテレビ局2局
FM局1局が立地し、県庁所在地でないにも関わらず、福島県の
情報集散地の一つとしても機能しています
郡山市街地遠景
郡山中心市街

江戸時代には奥州街道の郡山宿があったが、郡山市の発展は
明治時代に開さくされた" 安積疏水 "の寄与が大きいです
安積疏水は農業用水として当地の開拓を進め、工業用水・水力発電
飲料水にも用いられて都市化を進めました
また、郡山駅が鉄道路線の分岐駅となって、人やモノが集散し
大正時代には市制施工により郡山市が福島県最大の都市となりました
戦後の高度経済成長期には、京浜工業地帯への企業が多く進出し
関東地方との繋がりが強まりました

郡山市西部の布引高原では、風車33基 発電所出力65980kw
( 国内2位 )の" 郡山布引高原風力発電 "が電源開発㈱により
設置され2006年12月に運転を開始しています
1024px-AsakaSosuiKansenSuiroB
安積疏水幹線水路
布引高原に咲くひまわり
布引高原 風車とひまわり

地理的には" 安積平野 "または" 郡山盆地 "と呼ばれている
海抜245mの平坦地を中心に市街地が広がっています
西に猪苗代湖、東に阿武隈高地、北は安達太良山に接しており
郡山市の中心部を南から北へ" 阿武隈川 "が流れています
市域は広く、郡山駅前周辺の市街地は郡山ビッグアイから
望むことができます
郡山市中心市街地
郡山ビッグアイからの郡山市街地

❝ 気 候 ❞
一年を通して風が吹き、乾燥した気候であり市街地では
ヒートアイランドの影響も強いです
冬場の1日の最低平均気温は-2.7℃くらいで-10℃を
下回ることは稀です
一方、日中の平均最高気温は4.4℃と低く真冬日も
珍しくありません
夏は、典型的な盆地の福島市ほど暑くならず35℃を超えることは
稀であり、熱帯夜になることも少ないなど、朝晩を中心に過ごしやすいです

姉妹都市:奈良市・久留米市・鳥取市・ブルメン(オランダ王国)

❝ 郡山の歴史 ❞
郡山の歴史
市制施工からの郡山市の歩み
郡山のあゆみ1
郡山の歩み2

『 音楽都市・楽都郡山 』
明治時代の安積開拓に始まり、高度経済成長期にかけて
商工業都市と急速に発達する一方で、人口が急増し、さまざまな
人が集まったことから暴力団抗争が相次いで起こり、治安の悪い街
" 東北のシカゴ "として名前が広がった

そんな中" 素人のど自慢大会 "などが人気を集め郡山でも町内会の
演芸会などで音楽活動が盛んになり、いつしか音楽が市民の
心の拠り所になっていました
やがて、本格的なオーケストラの演奏会開催を望む市民の機運が
高まり1954年(昭和29年)郡山音楽協会と郡山青年文化協会主催の
" NHK交響楽団公演 "が国鉄郡山工場の大食堂を会場として
開催されました

その後も、合唱・器楽・学校音楽での活動や演奏会、当時日本の
最高のロックフェスティバルと言われた1774年(昭和49年)の
" ワンステップフェスティバル "などの開催により" 東北のシカゴ "から
" 東北のウィーンへ "としてイメージ改善を進め、2008年(平成20年)に
「 音楽都市宣言 」を行い" 楽都郡山 "をキャッチフレーズに
音楽活動が盛んな街として情報発信を行っています
ミューカルがくと館
音楽ホールの" ミューカルがくと観 "

HOME