❝ 鎌倉時代から戦国時代まで ❞

中世においては、源 頼朝が鎌倉に幕府を開府し東国において
自立しますが、源 頼朝は東北において奥州征伐により
奥州 藤原氏を滅ぼします

県域においては信夫 佐藤氏が信夫荘(信夫郡以北、松川以北)に
押し込められると、鎌倉による論功行賞で福島県内は伊達氏
相馬氏、二階堂氏、蘆名氏、畠山氏、結城氏など多数の
関東武士団に細分化されました

南北朝の動乱においては、結城氏の一族である白河 結城氏が
台頭し、白河 結城氏をを主力とする南朝側が大いに優勢と
なりましたが、しばらくすると相馬氏など北朝側が盛り返し
白河 結城氏など多くの諸氏は、奥州管領や鎌倉公方の
支配を受けるようになります

戦国時代に北関東・東北においては、一国以上の領国を持つ
戦国大名は少なく、中小の地域が分立する傾向をもって
いましたが、伊達氏は伊達 稙宗が南奥羽で外征や婚姻外交を
繰り返し、南奥羽のほとんどの大名が勢力下に入りますが
天文の乱を起こし衰退したり、白河 結城氏が衰退し
変わって岩城氏が盛り返すなど、栄枯盛衰は止むことはなく
隣接する常陸国 佐竹氏や越後国 上杉氏の影響も受ける
ようになりますが、最終的には蘆名氏や相馬氏、二本松氏などを
圧倒した伊達氏の伊達 政宗が短期間ではありますが
福島県域の浜通りを除く大半を領有することになります

相馬野馬追は、相馬市の遠祖・平 将門が領内の下総国相馬郡
小金原( 現・流山から松戸に広がる地域 )に野生馬を放し
敵兵に見立てて軍事訓練をしたことに始まるといわれています
1000年以上の歴史を持つ神事です
top
fu_04_R
伊達 政宗が福島県まで勢力を伸ばしているとは
全く知りませんでしたし、盛り上がったり衰えたりを
繰り返して福島が成立してくるのが分かります

HOME