福島県の歴史-第2弾です

❝ 古 代 ❞
5世紀にはすでに北関東・東北の一部までが大和主権の影響下に
あったと思われ、福島県域においても各国に国造が成立しました

当時、大和朝廷の勢力圏は福島県が北限であり、蝦夷勢力圏との
境界に当たる信夫国( 福島盆地 )などの国には防備の任もありました
また、関東や近畿地方などから盛んに開拓のための移民も行われています

その後、国は評( こおり )と呼び名が変わり、陸奥国に再編されます
また、大和朝廷の勢力圏も宮城県域、あるいはさらに北に拡大し
信夫評( しのぶこおり )も北端ではなくなりました

701年( 大宝元年 )の大宝律令の施行時には、陸奥国となり
" 評 "は" 郡 "、" 評司(国造) "は" 郡司 "になりました
拡大した陸奥国から718年( 養老2年 )に" 石城国( いわきこく ) "と
" 石背国( いわせのくに ) "が分置されました 
❄ 石城国:菊多郡・石城郡・標葉郡(しるは)・行方郡(なめかた)・宇太郡・曰理郡(わたり)の6郡
❄ 石背国:信夫郡・安積郡・石背郡・白河郡・会津軍の5郡
現福島県域は石城国または石背国に属することとなり
陸奥国の領域ではなくなりました

分置後も蝦夷との戦いが続き、東北全体( 東北・出羽 )で戦う
必要性が起こってきたので、724年( 神亀元年 )までには
石城国と石背国は再び陸奥国に合併されます
これらは郡はその後、人口増加などによりさらに再分割されます

例えば、信夫郡から伊達郡に分割され、安積郡から安達郡などが
分割され、会津軍も耶麻郡をはじめ多くの郡に分割されました

現在、福島県域は岩盤が固くて地震が少ないから
「 岩代国 」と呼ぶ・・・という説があるんですが、これは「 岩 」という
文字のイメージから生まれた俗説なんだそうです
岩代国の由来は石背国にあります
石背国の読み方は本来「 いわせ 」でしたが、後に山背を「 やましろ 」と
読むのに習って「 いわしろ 」と読むようになったとか
明治旧国名では「 いわしろ 」の読みを採用し「 岩代 」の
文字を当てたそうです

平安時代は会津で" 慧日寺 "が強大な勢力を得たが、平安時代末期には
ほぼ福島県全域が奥州 藤原氏の勢力下に入り、藤原氏一族の
" 信夫 佐藤氏 "が福島盆地を本拠地として、中通りの中部まで
慧日寺後退後の会津、山形県置賜地方まで支配するようになりました

福島県内で他には中通りの" 石川氏 "、浜通りの" 岩城氏 "がいます
石川氏は、清和 源氏の流れで前九年の役に従軍して
石川郡に移住しています
岩城氏は、桓武 平家の氏族で藤原清衡の養女を妻に迎えて
石城郡に定住したとも、石城郡司の子孫とも言われています

いわき市内郷にある国宝 白水阿弥陀堂は、平安時代末期
1160年( 英暦元年 )に岩城 則道の菩提をを弔うために
建立されたものです
amidado_004_R
amidado_002_R
「 白水阿弥陀堂 ( 願成寺 ) 」

やられました・・・
岩盤が固く地震強い「 岩代国 」・・・俗説とは
echoesはこの俗説を完璧に信じていました
この説を信じている福島県民、たぶん多いと思います

でも、本当の名前の由来を知った収穫も大きいです

HOME