下野街道-しもつけかいどう-( 会津西街道 ) 
江戸時代に会津藩主・保科正之によって整備された、会津の
若松城下から下野の今市( 栃木県 )に至る街道です

会津からは" 下野街道 " " 日光街道 " " 江戸街道 "
" 南山通り "とも呼ばれていました
800px-下野街道大内峠
大内峠・・・戊辰戦争の激戦地

経路は福島県会津若松市から栃木県日光市今市までの
全長130㎞におよび、現在福島県道131号下郷会津本郷線
国道121号線に沿った格好になっています
00003_01
" 会津西街道 "は関東側からの呼称で、会津側からは" 下野街道 "
" 南山通り "とも称されていました
江戸時代には会津藩、新発田藩、村上藩、庄内藩、米沢藩
などの参勤交代や江戸と会津以北を結ぶ物流の道として
重要な街道となっていました
57d79c2d
1884年(明治17年)、会津西街道に代わる新しい道路
" 会津三方道路( 国道121号線 )"が整備されたことに
伴い、主要街道としての機能は衰退していきました

街道筋にある" 大内宿 "には往時の街並みや建造物が
残されていて、1981年に重要伝統的建造物群保存地区として
選定されています( ここは時期に紹介します
20161006205254
δ 大内宿 δ

また、氷玉峠( ひだま )( 下郷町から会津美里町境界付近 )
から大内峠(写真1枚目)、大内宿、倉谷宿を経て国道
121号線にある楢原宿に至る経路には石畳などの旧街道跡が
残されています
tmp_imgresize
δ 氷玉峠 δ

下郷町域の旧街道は延長が約22㎞び及んでいて、このうち
大内宿を中心とした約10㎞が古い状態を留めています
この古道と三郡境の塚、茶屋後、一里塚、馬頭観音碑
などの遺跡が、2002年(平成14年)に下野街道として国の
史跡に指定されています
下野街道一里塚
δ 一里塚 δ
ba20b8de
δ 馬頭観音碑 δ

福島では有名な街道です
いろんなところを歩いていると祠があったりして
昔の旅人は、こういったのを見てホッとして
いたんだろうなぁ・・・なんて思えるところです

観光地になっている大内宿にでも来た際は
ちょっと寄り道して歩いてみるのもいいもんですよ
( 冬はダメです・・・(笑)

では、この辺で