毎年恒例の郡山市のまつり" うねめまつり "が昨日から
開催されています

郡山うねめまつりは、毎年8月第1金・土・日の3日間行われ
東北五大祭りに数えられる場合があります
GAZO_3_01
郡山市と郡山商工会議所が中心となって、郷土の伝説である奈良時代の
宮中女官の" 采女物語 "を主題として作られたまつりです
日本最大級の大太鼓" 十尺大締太鼓 "が響く中での踊り流しを中心に
さまざまなイベントが行われる

δ 采女物語 δ
約1300年前、陸奥の国安積の里(現・郡山)は冷害が続き、朝廷への
貢物ができないほどだった このため奈良の都から巡察使・葛城王が
訪れた 里人たちは窮状を訴え貢物免除をお願いした しかし、その願いは
聞いてくれなかったという その夜、王をもてなす宴が開かれ、王は
里長の娘" 春姫 "を見そめた 春姫は心から王をもてなし

" 「 安積山影さえ見ゆる山の井の 浅き心を我が思わなくに 」 "と詠み
献上した 王は大喜び、春姫を帝の采女として献上することを条件に
貢物を3年間免除することになった 春姫には、次郎という相思相愛な
許嫁がおり、悲しみをこらえて別れた 都での春姫は、帝の御籠愛を
受けていたが、仲秋の名月の日、次郎恋しさに猿沢の池畔の柳に衣を
かけ、入水したように見せ愛する次郎の待つ安積へ向かった
里へたどり着いた春姫は、次郎の死を知り、雪の降る夜、後を追って
次郎と同じ山の井の清水に身を投じた やがてみちのく安積にも春が
訪れ、山の井の清水の周り一面に、名も知れぬ薄紫の美しい可憐な
花が咲き乱れていた 誰が言うことなく、2人の永遠の愛が地下で結ばれ
この花になったと噂した 「安積の花かつみ」とはこの花のこと
img_23

まつりに戻します・・・かなり脱線
d14670-1-532473-0
JR郡山駅西口駅前広場一帯と、駅から伸びるメインストリート
駅前大通りの終点までをメイン会場とし、郡山市内の片平町の
山の井農村公園( うねめ公園 )などがサブ会場として開催されます

初日には、山の井農村公園内にある采女神社にて奈良市長や
ミス奈良とともに采女供養祭が行われます
同時にカメの放流も行われ、市郊外のショッピングセンターを
会場に" ちびっこうねめまつり "が開かれます
初日はメイン会場以外での行事が中心で、メインイベントである
うねめ踊り流しも行われないことから、初日は前夜祭の感じです
644f89d0c7a3efe14d59521715b03910
2日目以降は、メイン会場の駅前大通りで、うねめ踊り流し
ひょっとこ踊り、うねめ太鼓、ミスうねめパレード、ゆかた de うねめ
コンテストなどが行われます
img_2
メインイベントのうねめ踊り流しでは、踊り手らがパレード形式で
竹飾り提灯で彩られた駅前大通り一帯を山車とともに踊りながら進みます
職場、学校などでチームを組み、団体参加するのが基本であり
開催日前には市内各所で踊りの稽古をしています

踊り流しの際に演奏される" 十尺大締太鼓 "は日本最大級の直径
3.3mを誇り、祭りのシンボルの一つとして定着しています
郡山うねめまつり2015
この" うねめまつり "が開催されると夏本番
今晩、明日と・・・熱い夜になりそうです(行かないですけど

では、この辺で