磐梯熱海温泉は福島県郡山市にある温泉街です
( 旧国:陸奥国、明治以降は岩代国 )
atami-kouyou
泉質:単純泉 単純硫黄水素泉
新潟県の" 月岡温泉 "、いわき市の " 湯本温泉 "とともに
" 磐越三美人湯 "に数えられています

郡山市の奥座敷として歓楽街温泉であったことから規模の大きい
ホテルも多いです
温泉街は磐越西線・磐梯熱海駅のすぐそばと、" 五百川 "に
沿って旅館が建ち並ぶところと二つに分かれてますが、非常に
近接しているので、通常は一つの温泉街として扱われています
800px-Gohyakugawa
δ 磐梯熱海温泉近くの五百川 δ

五百川の渓谷沿いにある温泉街の方が比較的歴史が古く
現在も20数件の旅館が営業しています
源泉は五百川沿いに共同のものがあるほか、専用の源泉が
あるホテルや旅館も多いです

共同浴場は" 宝の湯 "と" 錦星湯 "の2軒が営業
足湯は磐梯熱海駅前と五百川沿いにあり、日没まで無料で
使用することができます また、各旅館が設置している足湯も
いくつかあって、無料で使用することができます
1024px-Bandai_atami_01
δ 磐梯熱海駅前の足湯 δ

スポーツ施設が多いのも特徴で、温泉街の近くにはプールや
多目的アリーナを備えた" 郡山ユラックス熱海 "、ふくしま国体と
スポーツ祭東京2013の会場となった" 磐梯熱海アイスアリーナ "と
郡山スケート場の両スケート場、多目的グラウンドや体育館
熱海サッカー場などを備える" 磐梯熱海スポーツパーク "
" 郡山熱海カントリークラブ "など多くのスポーツ施設があります
なもんで磐梯熱海温泉旅館協同組合では" スポーツ温泉 "と
謳っているとのこと
80388
開湯は800年前であると伝えられています
" 熱海 "という地名は、奥州合戦の後にこの地の領主となった
源 頼朝の家臣・伊東祐長の出身地である伊豆にある
" 熱海温泉 "に由来します ↫ ツナガッタ

南北朝時代から室町時代初期の頃、公家の" 万里小路藤房 "の
娘" 荻姫 "が不治の病にかかり、夢枕に立った不動明王から
" 都から東北方面に行き500本目の河岸に霊泉がある "と
お告げを受け、これに従って磐梯熱海温泉に辿り着いた
荻姫は、湯治して全開したと伝えられています
slider3
これに感謝して侍女雪枝が不動明王を祀ったのが不動滝近くに
ある" 大峯不動尊 "だと云われています
また、温泉街を流れる" 五百川 "はこの伝説が名称の由来

1918年に" 四季彩 一力 "が創業( 高級旅館でーす )
1970年全国植樹祭で昭和天皇が" 一力 "に宿泊
1995年、秋篠宮殿下が" 一力 "に宿泊
2015年、イギリス王室のウィリアム王子が来日し
" 一力 "で夕食会が催され宿泊

って、" 四季彩 一力 "スゴイなぁ
" ホテル 華の湯 "に押されてたかと思っていたが
さすが老舗旅館だけあるわ
因みに・・・泊まったことはありません
( 足湯の下に貼った写真が" 四季彩 一力 "だよーん )
868b88ddf687a12e2a4db5d57ec0ce2a07_20065_d

子供のころは、日帰り温泉で大変にお世話になりました
時が経つにつれて共同浴場などが少なくなりましたが
現在も福島を代表する" 温泉街 "であることは
間違いありません
tra-map1-10

では、この辺で