福島県の歴史-第2弾です

❝ 古 代 ❞
5世紀にはすでに北関東・東北の一部までが大和主権の影響下に
あったと思われ、福島県域においても各国に国造が成立しました

当時、大和朝廷の勢力圏は福島県が北限であり、蝦夷勢力圏との
境界に当たる信夫国( 福島盆地 )などの国には防備の任もありました
また、関東や近畿地方などから盛んに開拓のための移民も行われています

その後、国は評( こおり )と呼び名が変わり、陸奥国に再編されます
また、大和朝廷の勢力圏も宮城県域、あるいはさらに北に拡大し
信夫評( しのぶこおり )も北端ではなくなりました

701年( 大宝元年 )の大宝律令の施行時には、陸奥国となり
" 評 "は" 郡 "、" 評司(国造) "は" 郡司 "になりました
拡大した陸奥国から718年( 養老2年 )に" 石城国( いわきこく ) "と
" 石背国( いわせのくに ) "が分置されました 
❄ 石城国:菊多郡・石城郡・標葉郡(しるは)・行方郡(なめかた)・宇太郡・曰理郡(わたり)の6郡
❄ 石背国:信夫郡・安積郡・石背郡・白河郡・会津軍の5郡
現福島県域は石城国または石背国に属することとなり
陸奥国の領域ではなくなりました

分置後も蝦夷との戦いが続き、東北全体( 東北・出羽 )で戦う
必要性が起こってきたので、724年( 神亀元年 )までには
石城国と石背国は再び陸奥国に合併されます
これらは郡はその後、人口増加などによりさらに再分割されます

続きを読む