このお題では「へっ? 」となる方も多いと思います
echoesのホームページに、今までのアップした
内容のものがありますので、よろしかったら見てください

echoes5150 Home Page
さらっと宣伝をしたところで・・・( 恐縮です )

安積開拓の原点である大槻原( 開成山一帯 )の開拓は
安場保和が明治5年に福島県に赴任してきた時から始まります

安場保和は熊本藩士で、幕末に郡山出身の
安積良斎塾( あさかごんさい )の生徒名簿に名を連ねた
人物であり、明治4年には遣米視察団の一員として
岩倉具視、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文などと
アメリカへ渡った開拓の先見者でした
無題
❆ 開拓の先見者” 安場保和 "

県令( 現在の知事相当職 )になった安場は、旧米沢藩士
中条正恒を県の典事( 課長職 )に任命して大槻原の
開拓に当たらせました

中条正恒は、米沢藩主へ北海道開拓を主張していました
人物で、北海道開拓に大きな夢を描いていましたが
その夢は実現しませんでした
無題1
❆ 安積開拓の父" 中条正恒 " ❆

アメリカの広大な開拓を目の当たりにし、日本における
開拓の必要性を感じていた安場保和と、開拓の夢を
描いていた中条正恒の運命的な出会いが、" 安積開拓 "
という大事業を成し遂げることになりました

明治9年、中条正恒は明治天皇の東北巡幸の先発として
来県した大久保利通の福島の宿舎を訪ねました

そこで中条正恒は、県の事業として開成山の開拓や
桑野村が立派にできたこと、さらに安積野全域に
開拓を拡大すること、そして、そのために猪苗代湖の
水を安積の地へ引く事業を国の費用でやってもらいたいと
いうことを強く大久保利通に訴えました
無題2
❆ 中条正恒と大久保利通の会談図 ❆

もともと殖産興業と士族授産の持論があった大久保利通の
考え方と中条正恒の要望は一致しました
そして、この2人の出会いから国営安積開拓と
安積疎水開削事業がスタートすることになります
無題3
❆ 時の実力者であった" 内務卿・大久保利通 " ❆

帰京した大久保利通はさっそく内務省から2人の調査官を
東北に派遣し、大規模な開拓に適する原野の視察を命じました
2人は青森県の三本木原から栃木県の那須野原まで
詳しく調べ、その結果、安積の諸原野が最適地であると
政府に報告しました

政府は、安積の諸原野の開墾を決定し猪苗代湖の
水を引くことに加え、士族の移住計画を内定しました