安積開拓が育んだ二人の作家
久米正雄と宮本百合子

久米正雄と宮本百合子は、祖父の縁もあり幼少のころから顔見知りでした

無題-crop
久米正雄は、明治24年に長野県で生まれましたが、父親が亡くなり
立岩一郎( 中条正恒が最も信頼して人物 )の娘であった母親の
実家である郡山の桑野村開成山に移り住みました
開成小学校、金透高等小学校、安積中学校(現・安積高等学校 )で
学んだ久米正雄は、安積中学のころから俳句に親しみ、久米三汀
( さんてい )として頭角を現しました

そして東京大学に進み、菊池 寛や芥川龍之介らと出会い、作家として
小説・戯曲の分野でも一流となりました
久米正雄の初期の作品には郡山を題材にしたものが多く" 牛乳屋の
兄弟 "は安積開拓の中心地であった開成山の牧場をモデルに描いた
社会劇で、ほかにも" 三浦製紙工場主 " " 阿武隈心中 などがあり
郡山の近代化の様相と人々の姿を描いています
1954
δ 久米正雄の句碑( 開成山公園内 )δ

無題1-crop
宮本百合子は、明治32年に東京で中篠正恒の長男・精一郎の長女と
して生まれました
中条正恒は村人の懇情により明治30年に桑野村に帰り住みましたが
( このとき立岩一郎が村長 )、その3年後、59歳で亡くなりました

宮本百合子は、夏休みに祖母の住む開成山に度々遊びに来ていて
開拓村の小作人の貧しい生活ぶりを目の当たりにしました
裕福な家庭で育った宮本百合子は、貧富の差があまりに大きいのに
驚き、彼女の清純な心で開拓農家の貧しい生活をありのまま
克明に描いたのが、デビュー作" 貧しき人々の群 "です
ほかにも、開成山を舞台とした小説に" 伸子 " " 播州平野 "
などがあります
yuriko_bungakuhi
宮本百合子の文学碑( 開成山公園内 )

もしよかったら読んでみてもらっては・・・
それにしても、久米正雄って頭良かったんだなぁ_(;゚Д゚)
開成小学校と金透小学校は、今もちゃんとした小学校ですし
開成山に牧場・・・初めて知りました_(-_-;)

では、この辺で・・・