お盆休みが終わった後にこの記事・・・らしいか

δ じゃんがら念仏踊り δ
maxresdefault
福島県いわき市を中心に分布・伝承する郷土芸能で、鉦、太鼓を
打ち鳴らしながら新盆を迎えた家などを供養して回る踊念仏です
いわき市内では" じゃんがら "と呼ばれて親しまれています
主に、毎年8月13日から15日までの3日間行われ、いわきの夏の
風物詩として知られています
いわき市の無形民俗文化財に指定されています

起源は江戸時代にまで遡りますが由来は諸説あり、江戸時代末期の
浄土宗の高僧・祐天上人が、村人たちの慰安と念仏の普及を兼ねて
" 南無阿弥陀仏 "の称名を歌の節に合わせて踊りと共に唱えさせたのが
始まりとする説、かつて市内各地にあった、老人たちによる月念物講
から派生したとする説などが伝わっていました
このほかにも由来があるようなんですが、当時江戸で流行した
" 泡斎念仏 "を村人たちが始めたことが" じゃんがら "の起源で
あることが確実視されているようです

" じゃんがら "の語源は" 御内用故実書 "にも" じゃぐわらじゃぐわら "
とあるように鉦の音の擬音と考えられているようです
※" 御内用故実書 "=磐城平藩家老職・穂高家に伝わる資料
121888428040716414226
δ 特 徴 δ

踊り手
地区ごとの青年会・保存会などを主に10~15名程で構成
近年女性の踊り手も見られるようになっています
集団の内、1人は張子提灯を手に踊る提灯持ちでであり、太鼓が
3人、鉦が7~10人程からなります
地域によっては、笛も加わります

衣 装
浴衣に白襷、手甲、白足袋、鉢巻
提灯持ちは浴衣に黒紋付
太鼓には紺地に白抜きで" 南無阿弥陀仏 "と染め抜かれた布
( 太鼓着物 )が巻かれます
IMG_5587
踊 り
提灯持ちを先頭に1列になり、鉦と太鼓を繰り返し叩きながら
新盆の庭先に現れ、盆棚に一礼後、太鼓を叩く人が3人1列に並び
その周りを鉦を叩く人と提灯持ちが楕円状に取り囲み、輪を
なして踊ります

太鼓に合わせ唄いながら合掌の所作を伴う手踊り( 念仏 )をして
唄い終わると掛け声とともに鉦・太鼓を叩きながら踊ります
太鼓は腰を沈め片手でリズムを刻みつつ、バチを持った手を舞わせ
ながら叩くなどの技量が要求されますが、それだけに見応えが
あります


" ナァハァハァー、モォホホホーイ・・・ "といった念仏に
節を付け、崩したとされる歌に続き" 盆では米の飯、おつけ
でば茄子汁、十六さげのよごしはどうだ… "などと唄われる
ようです( 聴いたことないような・・・
ほかにも" 磐城平で見せたいものは、桜つつじにじゃんがら踊り "
" 閼伽井嶽(あかいだけ)から七浜見れば、出船入船大量船 "
なども唄われるが、かつては即興で卑俗な歌詞をつくり
見物の笑いを誘ったなどもあるようです
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421
echoesは郡山なので、観ることはできなかったのですが
去年のお盆に、お墓参りに行ったときに観ることができたんです
たぶん、そこのお寺さんが震災復興で、来てもらったんだと・・・
( バスが" いわき "ナンバーだったんで )
観ていると迫力というか、背筋が" ピシッ! "となりますよ

ただ、唄はなかったような記憶が・・・
掛け声をリズムに合わせて掛けるのは、記憶にあるんだけど
でも、良いものを見せてもらいました
06202606

では、この辺で