" 開成山大神宮 "はechoesの地元「 郡山市 」にある神社です
伊勢神宮の分霊が奉納されているため
" 東北のお伊勢さま "とも呼ばれています
main
拝殿にある信号は" 有栖川宮 熾仁親王
( ありすがわのみや たるひとしんのう ) "による書

安積開拓の開拓民の精神的なよりどころにするため、福島県の
典事の中条正恒が伊勢神宮の分霊の奉遷を神宮司庁へ
働きかけた結果、1876年(明治9年)に認可がおりて創建
1873年(明治6年)当初は" 遥拝所 "として計画され、翌1874年
(明治7年)10月までに本殿と拝殿が竣工されました

1875年(明治8年)12月3日、中条正恒は地元から挙がってきた
伊勢皇大新宮の御霊代を奉祭する神社建設の願書を
教部大輔宛てに送付したが、教部省は神宮司庁へ
認可を求めるように通達しました
東京や横浜でさえ遥拝所であり、許可が容易に得られないと
考えた中条正恒は旧知の仲であった大教正・西涼寺雪辰に
働きかけてもらい、神宮司庁から許可を得ました

こうして1876年(明治9年)1月29日に太制大臣が許可し
8月4日に" 開成山大神宮 "の名称が決定しました
地元では" 岩代大神宮 "を希望したが「 伊勢神宮 」と
同じように旧国名を冠することに政府が難色を示したため
" 開成山大神宮 "となりました

猪苗代湖から導水した" 安積疎水 "の起業式は1879年(明治12年)
12月27日に挙行、通水式は1882年(明治15年)10月1日に
岩倉具視右大臣ほか要人を招いて開成山大神宮で
執り行われました
1975年(昭和50年)には御分霊奉遷100年を奉祝して
伊勢神宮より遷宮の際の御用材の撤下を受けて
現在の本殿が造営されました

❄ 境 内 ❄
本殿 - 天照大御神、豊受大神、神倭伊波禮彦命を祀る
桑野宮 - 1875年(明治8年)に造営された旧本殿で三神の荒魂を祀る
宝物殿 - 神宝の太刀「 勝光 」、槍「 国綱 」などを展示
稲荷神社 - 農業、商業、興業や開運の守り神として倉稲魂神を祀る
無題無題1
無題3

おわりに
今年のブログの更新はこれまでになります
当ブログ、また趣味などを記事にしている
" WISH YOU WERE HERE~日常の出来事~ "と
おいでいただいてありがとうございます

つたないブログではありますが、よろしければ
来年もよろしくお願いいたします

それでは、よいお年を!

HOME