Fukushima Circulation

~ 福島県を巡って ~

高柴デコ屋敷

本日は、福島県郡山市西田町の" 高柴デコ屋敷 "をご紹介
なぜ、ここをご紹介するかというと・・・それは後ほどで

❄ 張子の里" 高柴デコ屋敷 " ❄
デコ屋敷は" 三春駒 " " 三春張子 "など三春の民芸品すべての発祥地
( デコは木彫りの人形のことで木偶( デク )の別な読み方 )
" 三春駒 "は日本で最初の年賀切手に採用された名実ともに
日本一の郷土玩具です
その" 三春駒 "を制作したのは彦治民芸の9代目当主・橋本彦治です
高柴デコ屋敷
∂ 彦治民芸 ∂
現在は郡山市ですが、江戸時代は三春藩領の高柴村であったため
昭和初期になり" 三春駒 " " 三春人形 "という名が付けられました
( 明治以降、三春とは別れている )
0d0a76384b60bbdecd238e3a70a91449609bb1f2fb75222297838bced5c197f5
∂ 三 春 駒 ∂
発祥地で戦後以降、ただ1軒木彫りから作り続けているのは
" 彦治民芸 "だけなので、本物の三春ゴマは彦治民芸でしか
購入できません

" 黒駒 "は「 子宝・安産・子育て 」のお守り
" 白駒 "は「 老後安泰・長寿 」のお守りになります

∂ 三春駒の伝説( 高柴子育木馬 ) ∂
延暦14年(795年)坂上田村麻呂が大多鬼根山の石の洞窟に住む大多鬼丸という賊の征伐に
京都を出発した時、清水寺の開祖と言われる僧延鎮が、5体の仏像を刻んだ材で鞍馬百疋
(ひき)を刻み、田村麻呂将軍に贈った(100匹の木馬を作りお守りとして贈った) 将軍はこれを
鎧櫃(よろいびつ)におさめて蝦夷の途に上り、やがて戦が開始されたが、官兵は京都よりの
遠路に疲れていたので苦戦だった その時どこからか鞍馬百疋が官兵の陣営に走り込んで
来たので兵たちはその馬に乗って大多鬼根山へ攻め上り、ようやく大多鬼丸を滅ぼすことが
できた ところがその後、鞍馬百疋の行方が分からなくなってしまった

翌日、一疋の木馬が三春近くの高柴村で汗にまみれているのを里の" 杵阿弥 "という物が拾い
これは延鎮の作の百疋の木馬の一つであると聞き99疋を自分で補っておいた
3年後には、この拾った一疋も行方がわからなくなったので、99疋を杵阿弥の子孫はこの駒を
模作して里の子に与えたところ、これで遊ぶ子は健らかに育ち、子のない者も3粒の大豆を
飼葉として木馬に与えると子宝に恵まれると言われ、また、疱瘡(ほうそう)・麻疹も軽くなる
といって、誰ということなく" 高柴子育て木馬 "と名付けられた

・・・そうです
工房では絵付け体験などもでき、多くの観光客が訪れています

❄ 高柴デコ屋敷伝統" ひょっとこ踊り " ❄

なぜ、" ひょっとこ踊り "か・・・6月24日(土)" 割烹 大雅 "50周年の
イベントが予定通り行われました

残念ながらブログの載せる写真は、ごじゃりません
受付終了して金額合わせ、無事に合って" ホッ "もつかの間、すぐに宴会に混ざれとな
混ざれば混ざるで、お客さんの飲み物作ったり、お礼を言って回ったりと落ち着かない
「 写真撮っておいて 」と渡されたのは" 写ルンです "・・・この時代にアナログな
で、" ひょっとこ踊り "やるのは聞いてました・・・始まって写真撮って" ようやく "と
思ったら背後に殺気を・・・有無を言わず" お面 "を付けられ、まさかの強制" ひょっとこ踊り "

出された料理は、ほとんど食べることができず( 意外に豪華でした )宴会終了・・・
その後、2次会強制参加( もう強制が多い )・・・終わって部屋に戻るころには" 日本酒牛乳 "
ベロンベロン・・・やっと寝たと思ったら、ブツブツ独り言 ↫ 黙って寝ろ―っ!
挙句に朝方3:30に" オメ誰だ "って起こされる始末・・・
でもって昨日は1日、二日酔い・・・散々なイベントだった・・・orz

無題-crop
" ひょっとこ踊り "は郡山市指定重要無形民俗文化財である高柴
デコ屋敷の高柴七福神踊りの中の踊りであり、江戸時代から伝わる
伝統芸能です
口のない" ひょっとこ半面 "はデコ屋敷独特の張子面
踊ると息苦しくなるので鼻に穴が開いています
お面の裏側には、汗で色落ちしないように色止めが塗ってある
thumb5
echoesではないですよ・・・


ひょっとこ踊り・・・こんな有名だとは知らなかった

写真が出来上がって、載せられるようでしたらアップしまーす

では、この辺で

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマーク等で                      シェアをお願い致します  励みにになります

Add to netvibes

echoes

「 ウイスティー 」人気

別なブログで" お酒 "記事をちょっと書いたので
こっちの記事ではガッツリお酒に記事を・・・
とは言っても、日本酒ではなく" ウイスティー "とやらを

" サントリー酒類 "と" いちい "が考案
" ウイスキー+紅茶 "
" 福島発 世界へ "関係者期待

とまぁ、力を入れているようで

サントリーは皆さんご存知、お酒のメーカー( お酒だけじゃないか
で、" いちい "とは福島県福島市を中心に展開している
スーパーマーケット・・・( 残念ながら郡山市には展開されていない

この2社が、ウイスキーと紅茶で割る新しい飲み方
" ウイスティー "を考案して人気を集めているんだとか
・・・なんか、前からあるような感じなんだが・・・

" いちい "は5月からウイスキーと紅茶を置いた" ウイスティー ”
売り場を設置したところ、ウイスキーの売り上げが前年と比べ
約4倍になっているんだそうで( スゴイー・・・
hqdefaultPPXQUIPJ
" ウイスティー "は去年12月にサントリーと いちい が共同で
開いたイベントで考案された模様( そうなの・・・前からあるような
売り場は、5月から県内の いちい 各店舗に設けられているようです

ジムビームなどのウイスキーと紅茶のリプトンリモーネを
陳列し、作り方を説明した紙も掲示しているとのこと
ジムビームってバーボンだったような・・・

両社によると" ウイスティー "は氷たっぷり入ったグラスに
ウイスキーを注ぎ、冷えた紅茶を入れて作る
どのくらい入れるの・・・ウイスキー・・・情報不足
寒い時期にはウイスキーに角砂糖を一つ落とし、熱い
紅茶が入ったティーカップに注ぐ温かい" ウイスティー "も
あるんだそうです
冷たいのより、温かいのほうがアリのような気がする

いちい はウイスティーのオリジナルソングに合わせて
従業員が踊ってPRする動画を作成
売り場で動画を流し、お客さんの注目を集めているそうです

オリジナルソングは趣味でバンド活動をしている いちい の
社員さんが作詞・作曲を手掛けたそうで・・・(ヤルナ
動画にはサントリー酒類の支店の方も出演しているんだとか

いやぁー・・・動画、が、頑張っている としか言えないechoes
Youtubeにも" 世界にご提案 "とかコメントついてる
" なんてキャッチーなネーミング!!笑 "までも・・・
ダンスは、いちい の従業員さん
動画を見ると、ウイスキー 1 : 4 紅茶・・・お好みでレモン

サントリー酒類福島支店は今後、福島県の特産品を使った
ウイスティーのさらなる改良も検討しているようです
( 福島市 = フルーツたくさん取れるので、良いことですね )
飲食店などにも浸透を図りたいお考えのようで

支店長さんは
" 新たな飲み方を福島県から世界に発信したい "
と意気込んでいるとのこと

とっくに存在しているカクテルのような気がしているのだが、違うの
有りそうで、無かっただけ?
んー、でも試してみたい感満載!
ウイスキーなんぞバーボンでなくても平気なようだな
バランタインでもいいなら、シーバスでも問題ないだろ

では、この辺で

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマーク等で                      シェアをお願い致します  励みにになります

Add to netvibes

echoes

福島の恐竜「フタバスズキリュウ」

本日は、福島県で発見された" 恐竜 "をご紹介します

フタバスズキリュウ( 和名:双葉鈴木竜 学名:Futabasaurus Suzukii )
白亜紀後期サントン階( 約8500万年前 )に日本近海に生息していた
首長竜 爬虫類双弓類プレシオサウルス上科エラスモサウルス科に属します
・・・なんだかわかりませんが、そういうことです
全長約7m 日本国内で初めて発見された首長竜です
発見から38年後の2006年にようやく新属新種として正式に記載されました
模式標本は、国立科学博物館に保管されていて、化石のレプリカは
いわき市の" 石炭・化石館 "などに展示されています
soku_09001
化石のレプリカ、何度か見に行っています

フタバスズキリュウは1968年(昭和43年)福島県いわき市大久町入間沢の
" 大久川 "河岸に露出していた双葉層入間沢部層帯から、当時高校生の
" 鈴木 直 "氏によって発見されました

この化石の発見により、日本本土で中生代の大型爬虫類の化石が
発見されることはないとされていた当時の定説が覆されたそうです

ほかのエラスモサウルス科???・・・エラスモサウルスってナニ!
1233574711_596944749
↑ エラスモサウルスだそうです・・・首長竜なんだぁ(カンシン

ほかのエラスモサウルス科の種に比べ、目と鼻の間がより離れて
いることや、脛骨が長いこと、鎖骨と間鎖骨の接合部分の形状が
フタバスズキリュウの識別点だそうです

では、フタバスズキリュウがどんな恐竜だったか
6405044i
エ!絵・・・でも、どなたが描いたんでしょうね、可愛らしくよく描けてます
おめめ・・・クリクリー



hutabasuzukiryu
・・・まぁ、ちょっとカワイイとは言い難いですが、こんな感じのようです

フタバスズキリュウが発掘された際、付近から大量の" サメ "の歯が
発見されたそうで、一部は骨に刺さっていたこともあり、このフタバ
スズキリュウはサメに襲われたか、死体にサメが群がったものと
考えられているようです

日テレの「 ザ!鉄腕!DASH!! 」の" 恐竜発掘プロジェクト "に
よる発掘がこのフタバスズキリュウが発見された現場のすぐ近くで
行われ、実際に首長竜の化石が発見されているんだとか
発掘された化石は現在" いわき市海竜の里センター "に展示
Futabaryu02
" 双葉鈴木竜 "の名は発見者の苗字" 鈴木 "と、発見された地層の
" 双葉 "層群から名づけられています
発見直後に調査のため来日した" サミュエル・ウェルズ "にちなんで
" ウェルジオサウルス・スズキ "という学名が提案されていたそうですが
当時は新種かどうかの判断ができなかったようで、発見後38年
たった2006年5月に国立科学博物館の" 佐藤たまき "特別研究員
(当時)と真鍋 真・主任研究員、群馬県立自然史博物館の
長谷川義和館長(当時)ら3人の研究チームによって、ようやく
" 新属新種の首長竜 "と判明、" Futabasaurus Suzukii( フタバ
サウルス・スズキイ ) 」という学名で正式に記載されました
dinosaur_futabasuzukiryu
発見から正式な記載まで38年もかかったのは、種や属の特徴を
比較研究する上で必要となる首長竜類の資料や情報自体が
世界的にも十分でなかったことによるそうで・・・
しかし1990年以降、エラスモサウルス科に関する研究資料や
情報が増えたことに加え、2003年からは、世界の首長竜化石を
数多く実見した経験を持つ" 佐藤たまき研究員 "がチームに
加わったことで正式な新種記載に漕ぎつけることに

" 佐藤たまき研究員 "はこの化石を" カレ "と呼ぶほどの熱意を
もって研究に臨んでいたといい、彼女がいなければ正式な記載
まで、さらに5年はかかったかも知れない と長谷川館長が
述べています

この化石のオス・メスは不明だそうですが、佐藤たまき研究員は
「 私が好きになったんだからオスでしょう 」といい
勝手に" カレ "と呼んでいるんだそうです

なんか、カッコいい話ですよね・・・情熱ってすごい!

ちなみに、国立科学博物館に保管されているフタバスズキリュウは
800px-Futabasaurus-suzukii_fossil-rock_replica_at_Tokyo_NSM800px-Shark_teeth_found_with_Futabasaurus
左:フタバスズキリュウの産状のレプリカの一部
右:フタバスズキリュウとともに発見されたサメの歯
Fossil_of_Futabasaurus_suzukii_02Fossil_of_Futabasaurus_suzukii_left_hind_limb
フタバスズキリュウの実物の化石だそうです

いやぁ―・・・何万年も前に、ホントにいたんだ" 恐竜 "って
しみじみ思った" フタバサウルス・スズキイ "でした

では、この辺でぇ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマーク等で                      シェアをお願い致します  励みにになります

Add to netvibes

echoes
Twitter
Google+
Blog Ranking
Blog Mura

Fukushima Circulation~ 福島県を巡って ~